下町の心霊スポット

昭三さんという患者さんが多い。
名前の由来は昭和3年生まれ。
同じく昭一、昭二もきっとそうだ。
(全員に聴取できていない)

武田昭三さんもその一人。
粋なシャツを着て外来に来る。
渋谷で買うそうだ。
「渋谷に行くの?」
「しょっちゅう行きますよ」
理由は「脳を刺激する」ため。
大したもんだ。

そんな武田さんが先日入院した。
転倒して骨折。
さすがに心配した。
高齢で独居の武田さん。
見舞う人も少ないはず。
入院中にボケる人も少なくない。

無事退院して受診してきた。
しっかりしている。
よかった。
ただ…
服装は「らしく」ない。
「渋谷」を感じない。

「先生にこんなこと言っちゃあ…」
「何でも言うて下さい」
「入院中、変なことがあったんですよ。
夜中にトイレに起きたんです。
すると消火器の横に着物のお婆ちゃんが
座っているんですよ。
ブツブツ何か言ってるけど聴き取れない。
トイレから帰ったらもういないんですよ」
「ほう…」
「それが数日後またいたんですよ。
同じ着物を着て同じ場所に」
「二回もおったんですか!」
「またトイレから帰ったらいない。
看護師に話すと、顔が暗くなったんです。
病院で変な噂を立てたくないのかな」
「あの病院ならありえますね…」

毎回外来受診の度に確認しに行くそうだ。
再会することはないそうだ。

須藤さん(86歳)に言われた。

「以前から言われてるのよ
見えないものが憑いているらしいの
それが守ってくれてるらしいの
原田先生のとこへ行くようにって」

「光栄です」
われながら過不足ない返答だ。

須藤さんの息子は整形外科医。
普段は息子から処方を受けている。
「本当は先生の所に行きたいんだけど」
毎回不要な「言い訳」をする。

2人ともインテリジェンスは高い。
話もオモシロイし展開する。

こういう会話への返答すること。
アドリブ力が鍛わる。

よろず相談所ワンラブ
所長:原田文植

本能的お節介

元手100万円。儲けて130万円になったA君
元手400万円。損して300万円になったB君

どちらが幸せか?
ほとんどの人がAさんと答えるそうだ。
残金130万円と300万円の数字の大小は?
どうでもいいのか?
300万円手元にあるのに?

人間は向上する変化を喜ぶのだ。
足元にある幸せに満足しない。
欲望が止まらないカラクリだ。

道徳心は宗教に先立つ。
『道徳性の起源』の主張だ。
実は、利他主義に犠牲はともなわない。
動物が本来持っているものだ。
人間だけが変な理屈を作った。
利他主義における享楽を過小評価するな。
それが著者の主張だ。

献血を有償にしたら、提供者は減る。
『父が娘に語る経済の話』からの抜粋だ。
無償の愛だから、やりたくなる。
「人間は経済原則に則って行動する」
それはウソなのだ。
それは「そういう教育」の賜物なのだ。

他者を幸せにする。苦悩に共感する。
それが本能として備わっているのだ。

「自己犠牲」という美談。
言葉が余計な概念を作ってしまった。
それが「対価」を産み出したのだ。
マザーテレサも好きでやっていたのだ。

但し、人間は向上する変化を喜ぶという
性質も持っている。
つまり「我が」に向かうと欲が出るのだ。
それも大事な性質。
「向上心」は上手に使うべきだ。

利他主義とあくなき向上心かな。
月並みな表現になってしまった。

娘が弟にご飯を食べさせている。
不器用ながら一生懸命に…
変な知恵をつけなければ人間はこうだ。

よろず相談所 One Love
所長:原田文植

毒親と呼ばないで

親との関係がうまくいっていない

そういう話をよく耳にする。
若者の話だけではない。
50代や、60代の「こども」から聞く話だ。

色々理由はあるだろう。
気になる理由を三つ挙げてみる。

一つ目。
自分に対する扱いの不満。
親にとってはいつまでも「こども」だ。
「過去の自分」を突き付けられる。
社会的に役目を果たしている自分。
それなりに評価されている。
しかし、親は評価してくれない。
いつまでも「この子」扱いだ。
それがオモシロくない…

それはしゃあない。
過去の記憶にばかりアクセスしてしまう。
年を取ると楽しい未来を考えにくくなる。
目の前に「ひげ面」のオッサンがいる。
あの可愛かった我が子と認識できるか?
乳飲み子の自分を制御していた存在だ。

同窓会に参加して時間が巻き戻される。
それと同じだ。
理解してあげるしかない。

二つ目。
成長と共に使う言葉が変わる。
所属コミュニティを大切にする。
恣意的に自己変革しようと言葉を変える。
当然、自分の人生も変わる。
しばらく会っていない親に会う。
親が使う言葉に違和感をおぼえる。
自分の言葉はモロ親の影響だったのだ。
それを痛感させられる。
自分が消去したはずの言葉を使う親。
ウザい…か…

三つ目。
年老いた親への純粋な不満。
記憶の中の親は元気いっぱい。
あの厳しかった親が弱っている。
自分の未来を垣間見てしまう。
「しっかりしてくれよ!」
アイデンティティが揺らぐのだ…

Anyway, be kind to your parent!
何があっても親には優しく。
それしかない。
真に自分の存在を肯定するならば。
今の自分は幸せに決まっている。
そう思えない人は一生幸せになれない。
親という過去を肯定するしかない。

年老いた親へ努力を強いるのは酷だ。
加齢とともに脳内快楽物質も減る。
「楽しくない」が快適領域になる。

「産んでくれてありがとう」
そこまではいらない。
「いつもありがとう」
その言葉から始めては?
生きているときに「供養」するのだ。
関係性が変わるかもしれない。
道が拓けるかもしれない。

よろず相談所ワンラブ
所長:原田文植