よろず相談所 ワンラブとは?

「よろず相談所 One Love」は、コーチングによって、寿命/健康寿命を延ばし、できるだけ長く健康で、病気や障害を最小限にし、生活の質を向上させることを目的に掲げています。

現在、病的死亡原因の多くは、癌、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病で占められています。また一方では、心(精神面)の不調が原因となる心身の病が非常に増えてきました。
そして、これらの生活習慣病や心身の不調や病には、高度に進んだ医学においても今だ根本的な療法は確立されていません。ですので、これらの病気や不調を避けるには、日頃からの予防も大切です。

「よろず相談所 One Love」では、食生活を初めとする、生活習慣を正し、良質なイメージを心に持ち、病や心身の不調に抵抗できる身体を作ることが出来るように、所長:原田文植が、コーチングによって、皆様お一人お一人のライフスタイルに合わせて、サポートいたします。

また、個人(1対1)だけでなく、グループや団体向けにも、コーチングによるセミナーも実施しております。

 

医療従事者向けに、メディカルコーチング教育をご提供する「日本メディカルコーチング研究所」は、こちらです。

ドクター原田プロフィール

原田 文植

医師・医学博士/よろず相談所 One Love 所長。
日本メディカルコーチング研究所 所長。

内科認定医、認定産業医、スポーツ健康医、在宅医療認定医。
心越クリニック在籍。
合同会社ロータス・ダ・ヴィンチ役員。

1971年生まれ。大阪市出身。

1998年大阪医科大学卒業後、大阪府済生会中津病院血液リウマチ内科専修医として働く。大阪医科大学微生物学教室で博士号取得後、国立感染症研究所にてフラビウイルスの研究に取り組む。

2008年より蔵前協立診療所所長として、地域医療に従事。在宅医療も積極的に行い、年間のべ約2万人を診療している。

日本東洋医学学会に所属し、漢方薬による治療も取り入れている。医療コーチング技術に基づいた企業講演や患者さんへの健康講座も定期的に行っている。

医療活動のほか、執筆活動、コーチング、武道家・格闘家との交流、映画出演、都内を中心に音楽ライブ活動など幅広く活躍。

2018年6月、医療と教育に特化したONE LOVEビルを建設。一般の患者様向けに「よろず相談所 One Love」、医療従事者向けに「日本メディカルコーチング研究所」を開設。

夢は「世界の子供たちの教育と医療の機会均等」。
座右の銘は「怪我の功名」。

著作に『病は口ぐせで治る!』がある。

映画『ザ・サンドイッチマン』(監督:小野澄人・清水成人)(2014)にも出演。

著作紹介はコチラ
出演・執筆メディア紹介はコチラ

ブログ

お問い合わせ

当よろず相談所へのお問い合わせは、下記に必要事項をご入力の上お問い合わせください。

(注意点)
メールアドレスを確認の上ご送信ください。メールアドレスに誤りがありますと、こちらから返信を差し上げる事が出来ません。
3営業日内に返信を致します。3営業日を経過しても返信がない場合は、大変お手数ですが、再度お問い合わせ頂けますと幸いです。