水商売

水道水を飲んでいる。
うちの子供も飲んでいる。
水道水が飲める国はめずらしい。
しかし、わざわざ水を買う人は多い。

ニワトリかタマゴか?
みんな水道水を飲まなくなると
水道水が劣化してしまわないか?
「どうせみんな飲まへんやろ」
と手を抜かれないか?
流通にたずさわる人たち…

バブル期かららしい。
「ウォーター」が商売になったのは。
みな、ミネラルウォーターを買い始めた。

昔、生水を飲んではいけないと習った。
昭和の後半までは。
その後、インフラがどんどん整備された。
世界で最も安全な生水ができた。
日本人の “職人魂” のたまものだろう。

懸命に部活をやってた人間ならわかる。
練習中、水を飲ませてもらえなかった。
(少なくとも昭和時代はそうだった)
泥水でも飲みたかったものだ。
限界まで喉が渇いたらどの水も美味い!

これまでに飲んだ最も危うい水は?
インドのガンジス川の水だ。
渡世の義理で飲まざるを得なかったのだ。
結果?
人生最大の下痢をした。
さいわい嘔吐はしなかった。
もちろん良い子は真似をしないこと!

不思議とあれから大きな下痢はしていない。
「免疫がついた」
などと非科学的なことは言わない。
小さな下痢はしょっちゅうだ。
お釈迦様もお腹が弱かった。
とうそぶき、気にしたこともない。

ヒトを除く動物はどんな水も飲む。
下痢を怖れているようには見えない。
人だけが必要以上に水にこだわる。

水道が民営化される流れだ。
地方単位で抵抗し得るが、どうだろう?
これまでの水準での安全は難しいだろう。
入ってくるであろう外資は、もともと
生水に安全性を求めていない!
だから「ウオーター」が商売になった。
ミネラルウォーターはヨーロッパ発祥だ。

飲める水道水をほったらかしにした。
メディアもバブルで浮かれ加担した。
白人女性と浮気し、本妻を疎かにした罰。
言い過ぎか…

水道水を飲んでみてほしい。
偏見を捨てて。
「利き水」できないはず。
下痢する?
今の生水は下痢も治る。

やっぱり飲めない?
じゃあ民営化の流れは止められない。
本当に下痢する生水がやってくる。
子供にも飲ませたくないな。
腹を括るしかない。

よろず相談所 One Love
所長: 原田文植