不倫と贖罪

「母ちゃんには内緒だよ」

ご本人は忘れているのだろう。

以前、若気の至りを告白したことを。
40年も前の話。
遊んでしまった。
そしてもらってしまった。
膿が出て汚れた。

「そんなことあったんですか!」
水川さんは冒頭の言葉を発した。

水川さん(70歳)は腹部エコーをした。
前立腺が石灰化していた。
病的でもなく、無視できるレベルだ。
結果を説明する。
イタズラ心が働いた。

「心配はいらないんですよ。
これからどうなるわけでもない。でも…
何でこうなったんだろう。心当たりは?」
「えっ?」
「病気もらったりとか。なかった?」
前に聞いているのにトボケた。
もっかい話させたかったからだ。

「昔遊んだことがあるんだよ」
「いつの話?結婚後?」
「そう。だけど40年も前だよ」
「志乃さん(妻)は知らんのでしょ?」
「相手は同級生なんだよ」
「!(絶句)」
「焼けぼっくいってヤツだよ」
「その相手からもらっちゃった?」
「しばらく付き合ってたんだよ。
そしたらうつされたから。しかも、
当時は一本一万円する注射を
一週間打たれたんだぜ。もう参ったよ」
「まあ、背に腹は代えられへんもんね」
「相手もいたからさ、マズいしね」
親指を立てて水川さんはそう言った。
「W不倫?」
衝撃の事実が続出した。
「母ちゃんに内緒だよ」

まさかこのフレーズを再び聴くとは…

10歳年下の奥さんは働き者だ。
性格も明るく、芯が強い。
3度の大病(難病)を乗り越えた。
水川さんはいつも奥さんを労っている。
妻の病気が発覚したとき外来で泣いた。
快復したときも感謝の気持ちで涙した。

贖罪の念は人を優しくするのかも。
とすれば少々の不良も許される…
はずはない。

不登校からのエクソダス

中1の孫が不登校になった。

祖父小川さんの家に逃げ込んだ孫。
案の定、個室でゲーム三昧。

小川さんご夫妻は手を焼いていた。

とにかく引きこもりは良くない。

あの手この手で孫にはたらきかけた。

祖母であるまゆ子さんは早稲田大学出身。
自宅で英語を教えようとした。
孫は全然乗ってこない。
一緒にゲームを、と百人一首を始めた。
子どもの記憶力と反射神経はスゴイ。

まゆ子さんはすぐに孫に勝てなくなった。

今度は卓球に連れ出した。
当院の3階には卓球台がある。
卓球をしに当院に通い始めた。
外出成功だ!
3階にはピアノもある。
まゆ子さんはピアノも練習している。

2月にピアノを披露してくれた。

中2に進級した孫は登校し始めた。

進級してからは皆勤だそうだ!

祖父の小川さんは嬉しそうに言った。
「出無精だった女房が出るようになった。

孫のおかげですよ」

まゆ子さんには胃がない。
20年前に胃がんで胃を全摘した。
小分けで少量しか食べられない。
だから身体はガリガリだ。
それがイヤで出無精になった。
不登校の孫を連れ出したおかげで
自信が出たのか、すごく活発になった。
色んな会合にも参加するようになった。

これぞまさに「怪我の功名」だ。

親の難問をじじばばが解決した。

じじばばの難問を孫が解決したのだ。

後日談。
孫の百人一首の腕前。
校内で断トツ、無敵になった。

祖母の影響でピアノも始めた。

素晴らしい!

アウェイで勝つ方法

「もう少し場慣れしないとね」

そう助言された谷本さん。

谷本さんは82歳の男性だ。
クラシックギターの発表会での話。
アンサンブルで過度に緊張したそうだ。
ギターの先生から冒頭の助言を受けた。

大したものだと思う。
82歳になってまだ緊張する場に挑戦する。

ところで、なぜ人は緊張するのだろうか?
「自己肯定感」の低さから生じる。
そういう心理学の論文があるそうだ。
自己肯定感が高い人は他人も尊重する。
「他人の目」の中に自分を置かない。
「自分の思い」に忠実に行動する。
だから自己肯定感を高めよう。
ということらしい。
ニュアンスはわからなくもない。
けれど、しっくりこない。

「自己」という言葉を使っている時点で
「輸入語」だと思う。
日本には本来「自己」は存在しない。
特に関西人は相手に「自分なあ」と言う。

余談だが、TEDのスピーチなどを見る。
身振り手振り乗り移ったかのように話す。
緊張している様子を感じさせない。

違和感をおぼえる。
アレが「正解」と誰が決めた?
緊張したっていいじゃない?
「関係」の中に身を置いている証拠。
パフォーマンスは訓練あるのみ。
ただし訓練は「頭の中」も必要だ。
発表会が「アウェイ」であること。
だから「ホーム」の力が出せない。
それをしっかり認識する。
その臨場感で稽古すること。
発表会の場を「ホーム」にすること。
自分の心拍数にビビらないこと。

主治医はそのように助言した。

「場」を重ねたからうまくやれる。
とは限らない。
真の「場慣れ」は「普段」の積み重ね。
そう感じている。