毒親と呼ばないで

親との関係がうまくいっていない

そういう話をよく耳にする。
若者の話だけではない。
50代や、60代の「こども」から聞く話だ。

色々理由はあるだろう。
気になる理由を三つ挙げてみる。

一つ目。
自分に対する扱いの不満。
親にとってはいつまでも「こども」だ。
「過去の自分」を突き付けられる。
社会的に役目を果たしている自分。
それなりに評価されている。
しかし、親は評価してくれない。
いつまでも「この子」扱いだ。
それがオモシロくない…

それはしゃあない。
過去の記憶にばかりアクセスしてしまう。
年を取ると楽しい未来を考えにくくなる。
目の前に「ひげ面」のオッサンがいる。
あの可愛かった我が子と認識できるか?
乳飲み子の自分を制御していた存在だ。

同窓会に参加して時間が巻き戻される。
それと同じだ。
理解してあげるしかない。

二つ目。
成長と共に使う言葉が変わる。
所属コミュニティを大切にする。
恣意的に自己変革しようと言葉を変える。
当然、自分の人生も変わる。
しばらく会っていない親に会う。
親が使う言葉に違和感をおぼえる。
自分の言葉はモロ親の影響だったのだ。
それを痛感させられる。
自分が消去したはずの言葉を使う親。
ウザい…か…

三つ目。
年老いた親への純粋な不満。
記憶の中の親は元気いっぱい。
あの厳しかった親が弱っている。
自分の未来を垣間見てしまう。
「しっかりしてくれよ!」
アイデンティティが揺らぐのだ…

Anyway, be kind to your parent!
何があっても親には優しく。
それしかない。
真に自分の存在を肯定するならば。
今の自分は幸せに決まっている。
そう思えない人は一生幸せになれない。
親という過去を肯定するしかない。

年老いた親へ努力を強いるのは酷だ。
加齢とともに脳内快楽物質も減る。
「楽しくない」が快適領域になる。

「産んでくれてありがとう」
そこまではいらない。
「いつもありがとう」
その言葉から始めては?
生きているときに「供養」するのだ。
関係性が変わるかもしれない。
道が拓けるかもしれない。

よろず相談所ワンラブ
所長:原田文植

時の流れに身をまかせ

「流れ」を断ち切るな!

「流行」とはよくできた言葉だ。
英語の “fashion” よりはるかにいい。

「点と線」という言葉がある。
実は「点」は存在しない。
点とは線と線の交わりにすぎない。

「一流は線で捉えて点でひっぱたく」
イチローと落合の対談での言葉だ。
「一流でない人は線が見えない」
とも言っていた。

なるほど。線とは軌道だ。
投手の手元を離れてからの軌道だ。
要は「流れ」だ。
「流れ」が見えるのが一流ということか。

一流という言葉にも「流」が入っている。
今気づいた。

なぜ野球がオモロイのか?
「流れ」があるからだ。
打順も「流れ」だ。

将棋の羽生名人の記憶力は有名だ。
棋譜をずっと記憶しているらしい。
「一連の流れを理解するのが重要」
と語っている。
記憶できない棋譜があるそうだ。
AI の打つ将棋の棋譜だ!
「美しくない」そうだ。
流れていないのだろう。
勝ち負けならジャンケンでいい。
そう言い切る羽生名人ならではだ。

話には「オチ」という言葉がある。
落語用語だと思う。
オチのない話は聴いていられない。
流れている話でなければオチない。

流れの中に美しさがある。
最近しみじみそう感じる。
流れには「時間」の概念が含まれている。
すべては時間が解決してくれるはず。
Time will tell.
止まってはいけない。
止まってるものなんてない。
止まるのは不自然な行為なのだ。
「止まると死ぬんじゃ」
間寛平は正しい。

よろず相談所 One Love
所長:原田文植

言葉が「起爆剤」

背中を押してくれる存在は絶対に必要だ。

「書籍に影響されて」
「ある映画が人生を変えた」
あるかもしれないが、それだけか?
やっぱり「人」との関係性が重要だ。

残念な事実だ。
背中を押さずに、足を引っ張る。
そういう人が圧倒的に多い。

自分のケースもそうだった。
「東京に行くわ」
「お前には合ってないよ。やめとき」

「自社ビル持ちたいねん」
「おカネないやん。無理無理」

「本出したい」
「いつ出すねん?前からゆうてるやん」

てな具合。

母親は背中を押してくれるタイプだった。
「やればできる」という考え方。
「フェラーリ買おう思てるねん」
「ついに夢かなうやん!」
夢の邪魔をしないのはありがたかった。

不思議と、周囲に常に
「おう、絶対イケるで!」
という人がいてくれた。
サポーターに恵まれたのだ。
日野晃師もその一人だ。

現状は不満だが、常に嬉しい。
10年前には想像もしなかったことだ。
人間関係も大きく変わった。
というか広がった。
多分これからもドンドン変わるだろう。
まだまだ夢に向かって走っていく。
夢?

世界の子供たちの教育と医療の機会均等
それを実現すること

だから全然満足していない。
不満は自分のとってモチベーションだ。

足を引っ張られることもなくなってきた。
たまに変な言葉を受けても
「この人ずっと留まってるんやろうなあ」
とむしろ哀れになる。

自分自身に対して
「大丈夫。絶対イケるで」
という言葉を使うようにしている。
そうすると本当に解決していく。
言葉を発することで解決法が見つかる。
そんな感じだ。
言葉が「起爆剤」。
「問題解決センサー」が発動する感覚だ。

目の前の相手にもそう言っている。
「大丈夫。絶対イケるで」
家族、友人、患者さん…
(患者さんにはケースバイケースだが…)

すると大抵うまくいく。
だから驚くほど周囲が成功している。
患者さんも治癒してくれる。
何より、変な言葉遣いをする人が減った。

多分本当は絶対にうまくいくのだ。
正しい言葉を使っていれば。
しかし、前述した「足を引っ張る人」。
これが非常に邪魔だ。
この人たちの言葉が侵略してくるのだ。
そして彼らの言葉に塗り替えられる。
感染力が強いのだ!
「関係者各位に告ぐ」
警告が必要なのかもしれない。

一人旅に出るしかない。
本気で状況を変えたいならば。
関係者の全くいない場所へ。
できれば言葉の通じないところへ。
しかし、現代はネットですぐにつながる。
「こっちに帰っておいで」
関係者が手ぐすね引いて待っている。

「御破算」にする根性。
しつこく背中を押してくれる存在。
二つとも必要なんだろうな。

よろず相談所ワンラブ
所長:原田文植