祝!コロナ陽性!


「発熱患者を診てくれないんですよ」
看護師から軽く苦情がきた。
自分が在宅診療で廻っている間に
パートで来ている女医さんだ。

パート先で感染リスクを背負いたくない。
大学からもパート先で感染しないよう
指導されているから仕方がない。

雇用契約は昨年末。
コロナ蔓延は勤務が始まってからだ。
気持ちはわかる。
しかし、当院は「コロナ疑い」を
診察すると決めてしまった。

朝のミーティングで不意打ち気味に
女医さんに言った。

「先生、診てもらえない?
ちゃんと防護衣着てね。何かあったら
僕がフォローするから」


女医さんの顔は強ばっていた。
スネられるて辞められる可能性もある。
あきらかに不本意な表情のまま
女医さんはうなずいた。

そして翌々週彼女は引いた・・・

たった数例しか診察しないうちに
コロナ陽性患者を。
こっちは何十例診ているがなかなか
出くわさない。

翌週女医さんに結果を伝えた。

「おめでとう!陽性やったわ」
「ホントですか!?」
「なかなか当り引かへんで!
病初期を診ている医者は少ないで。
この経験は大きいよ、おめでとう!」


女医さんは喜びで上気していた。
これでこそ医者だ!
女医さんは一皮むけた。
若い患者は順調に回復している。
万事良好だ。

患者を診ないことには学べない。
不謹慎かも知れないが、医師の
経験はすべて患者さんのためだ。

手ぐすね引いて待ってる医師には
なかなかコロナが来てくれないが・・・