気分が大事!


人になにかを教えるのは難しい。
一度でできるはずがない。
ときに何度も何度も同じ話を
しないといけない。

「聴く」
「わかる」
「できる」


理解には階層性があるが、
最近、みな「聴く」でつまづいている
ということに気づいた。


脳は知っていることしか学べないし、
知らないことは学べないからだ。
脳の「手抜きシステム」ゆえだ。

だから、知っていることを一時的に
忘れなければ、新しいことは学べない。


要するに、偏見が邪魔をするのだ。
偏見が物事を聴けなくする。

そして、今学ぼうとしていること以外の
すべてを忘れる能力のことを集中力と呼ぶ。


つまり、学びの極意は「忘却力」に尽きる。
自分自身、常に心がけている。
特に人と接するとき。
すべてダイナミックに変化をしている・・・
一期一会・・・

気分が大事や!
ということ。

足を引っ張る言葉

早い話が
軽々しく「難しい」と言うな
ということだ。


問題が生じたとき。
解決策を見つけようとする。
簡単に答えが見いだせない。
そのとき脳がどう働くか?
これまでの「クセ」が出る。

「難しい」→「面白いから挑戦」
という公式を持つ人。
「難しい」→「避ける」
という公式を使ってきた人。

後者の方が多いのではないか?
自分もかつてそうだった。
答えのある世界の住人だった。

知識を身につけるという行為は
ほとんどが先人の後追いだ。
それで実際にどうにか生きて来れた。
だから、答えのない問題は
存在しないも同然だった。


「世の中は答えのないことの方が
圧倒的に多い」


「言葉」としては知っていた。
しかし、実際には取り扱っていないの
だから存在しないのと同義だった。
それでどうにかなってきたのだ。

今、自分のぶち当たる問題の多くは
答えがない。
絶対に「難しい」と言わない
と心に決めている。
「あきらめ」を惹起(じゃっき)する
言葉が足を引っ張るからだ。


そう決めてから、不思議と
「答えの道筋」
が見えてくるようになってきた。
そろそろ「難しい」を解禁しても
いいかもしれない。