最近ヒモを見かけない


ライオンのオスは一切仕事をしない。
たてがみをとかしたり、ときどき
発声練習をしたりするだけだ。
獲物を捕るのはもっぱらメスの仕事。
百獣の王は「ヒモ」だった。

ところで・・・

人権のうちもっとも基本的なもの、
それは安全で保護されている
という感覚が持てることだそうだ。

であれば、現在は人権侵害状態か。

関西人はもともと「お上」を
信用していない。
では、自立しているのか?
うまく「互助」を活用しながら、
庶民の協力で生き延びる。


「自立とは依存先を増やすこと」
脳性まひの障害を持つ
小児科医熊谷晋一郎さんの言葉だ。

『地球に降り立つ』
フランスの哲学者ブルーノ・ラトゥール
の著書の書評をするつもりだったのに
余談が長くなってしまった。

エリートたちは、みなを助けることは
不可能だととっくに悟っているそうだ。
このままでは地球は持ちこたえられない。
だから移民は切り捨てるしかない。


「移民」には自国民も含まれている。
いわゆる「負け組」の人々だ。

コロナ以前に書かれた書籍だ。

コロナで失われた命。
経済を止めることで近未来失われる命。
有形資産を潤沢に持ち、避難生活を
続ける余力のある富裕層は生き延びる。

陰謀論は嫌いだが、思考の大前提に
「切り捨て御免」があるのならば、
説明がつく現象は現在多々ある。
「視点」を与えてくれる良書だ。

著書は、対抗策も提示している。
対象とうまく調和するのではなく、
どのように依存するかを学べ、と。


やはり「ヒモ道」は奥が深い。