原田・偉人説

少し胃腸が疲れ気味だった。

禁酒の反動ですっかり甘党に
なってしまったせいもある。
年末年始に異国で普段と
違うものを食したことも原因か。

とにかく最近食い過ぎだった。

幼少時から胃腸は強くなかった。
どちらかというと「慢性下痢」。
お釈迦様もそうだったらしい。
だから気にしていなかった。

連休の最終日。
「コーヒーだけで過ごそう!」
医師としていかがなものか?
まあ人体実験だ。やってみた。

割とチョロい。
家族は食事をしているが、
気にならない。
「我慢」がないのでいい感じだ。

「たまにはお腹を空っぽにしよう。
食わんかったらウンコも減るかな?」


そんなことを言っていると、妻から
「こっちは食べてる最中やで」
と叱られたので、
「ごめんごめん。モーツアルトも
食事中に下品なことをよく言ってた
らしいなあ」

と反省と言えない返しをした。

さすがにコーヒー6杯目で
”No Mas(もういらん)”
な感じだった。

高倉健さんは毎日13杯コーヒーを
飲んだと聞く。
自分も酒をトコトン飲んでしまう
ところがあった。

もしかしたら健さんも酒を
止めたのではないか?
それでコーヒーに走ったのでは?

妻に
「健さんも何かの事情で
禁酒したんとちゃうか?
クセでコーヒーをあんなに
飲んだんとちゃうかな?
一流になる人の執着かな?」

と自説を展開した。

すると妻から
「さっきから釈迦、モーツアルトに
高倉健。よくそんなにエエのばかり
自分に当てはめるなあ」

と呆れられた。

なるほど!

自分の行動を正当化する。
そのために一流を見つける。
それが自分は上手いようだ。
次はそういう一流を探そう。

ダイエット中毒

外来は今日も決意表明が飛び回る。
「頑張ります!」

ちゃう、ちゃう…

頑張ったらアカンって…

フロリダ大学の有名な研究。
チョコレートを我慢したグループは、
我慢しなかったグループと比べて、

その後の難しい作業をすぐ投げ出した。

この結果から、
「自制心」は限られたリソースである
と結論している。

ダイエットが失敗するわけだ…

割と意志が強い方だと自負している。

(まずは思い込みが重要だ)

人間は苦痛を避け、快楽を求める。
だから中毒を作るのは簡単だ。
電車に乗れば一目瞭然。

10年前と景色は一変している。

新しい習慣を持続させたいとき。

「ゲーム性」を導入するのだ。
たとえば、

決めごとを守れたら500円貯金する。

禁酒日に500円貯金した金内さん。

なんと25万円貯めた!

自分を利する中毒を作れば良いのだ!

と書きつつ、つくづく思った。

大人って実に子どもだなあ…

イヤなコトは一切やらない。
好きなコトだけやる。
本来勝手にそう生きるべきなのだ。

「しがらみ」がそれを許可しないのか…

ルールを守っている自分。
それを選択しているのは他ならぬ自分だ。
それくらいは意識し続けたい。