さらば、神よ


「お父ちゃんだけズルい!」
娘に叱られた。
本屋の袋が見つかってしまった。
ちゃんと『おしり探偵8巻』も
買ってあったのだが・・・

目に止まった本をランダムに
片っ端から10~20冊買う。
そういう買い方をしているから
自宅に帰って驚くことがある。

自分はこんなことに興味があるのか!

なるべく広く、偏見を入れずに
それなりに売れている著書を
買おうと心がけているつもりだが。

経済が落ちると信者が減るそうだ。
日本では特にその傾向が顕著らしい。
世界でもほぼその傾向なのだが、
例外はイスラム教だけだ。
イスラムは欧米で信者を増やしている。

宗教はコロナに対してほぼ無力どころか
各地で集団感染を引き起こした。
科学的思考こそが最も重要だった。


日本人は特定の宗教観がある国ではない。
しかし、科学的思考が行き渡っているとは
到底思えない。

今回のコロナ問題で言えば、やはり
ダイヤモンド船のデータを
どう取り扱うかに尽きたと思う。


712人が感染し、13人が死亡した。
致死率は1.9%だ。
半数以上が無症状であったことも
重要なデータだ。

不幸な実験室であったが、科学者は
このデータを正しく取り扱うべきだった。
現在の日本の状況は概ね同様の
結果になっている。

前職の医院で発熱外来を導入する際に
スタッフを説得する根拠になったのが
クルーズ船のデータだった。
毎朝サイエンスの大切さを話し、
冷静さを保つよう心がけた。

自称敬虔なクリスチャンで仏教徒だが、
八百万の神も大切にしている。
宗教は生き方の指針だが、古い。

要は何でも「使い方」だ!

先人の犠牲を無駄にしない。
そうして医学や科学は発展し、
人々は生き延びてきた。
今回の騒動で飛び交う言説の数々。
日本のサイエンスは大丈夫か?

恐怖とは?思考停止とは?
コロナ禍は考えるきっかけを与えてくれた。


少なくとも危機的状況を回避するのに
サイエンスは宗教より役立ちそうだ。
それは間違いない。

信教の自由を侵害するつもりはないので
あしからず。

神様が住む街

大阪にいた頃の話だ。
イギリス人とドライブしていた。
突然彼が叫んだ。

God!!

指差す方向には「神戸」と書いた看板。
「神=God」と漢字で覚えていたのだ。

非常に興味深かった。

それまで「神戸」に「神」を感じた
ことがなかったからだ。
神戸が「神々しい」街に変化した。
かどうかは知らない。

東京だと「神田」や「神泉」。
普段、神を意識しているだろうか?

「仏」がついている地名も調べてみた。
仏並、仏谷、仏向、仏子・・・

結構あった。
しかし心当たりのない地名だ。
すごく「仏」を感じる。
イギリス人になった気分だ。


人名でもそうだ。
「鈴木」という名字の人は多い。
しかし、リンリンと鳴るBGMは
聴こえてこない。

言葉は生活の中で「空気」になる。

「はじめに言葉ありき。
神は言葉であった」

(新約聖書「ヨハネによる福音書」)

神は空気のようにそこら中に
いるのかもしれない。

カオス

『カオス』
混沌と訳されることが多い。

気象学の世界では少し違う。
「自然のゆらぎ」を発生させる因子。

初期状態の違いが、将来の膨大な違いに
つながる現象のこと、だそうだ。
気候システムの内在的性質なのだ。

カオスのせいで予報は困難になる。

要するに…

あまりにも要素が混在しているし、
予測は無謀だということだ。

空前の台風到来で列島は混乱している。
1億人規模のいつもと違う行動も
十分にカオスを生みそうだ。
逆に、さまざまな自粛が予報の的中率を
上げるかもしれない。

まさに神のみぞ知る。

それにしても、天候は他のどの要素より
人々を一丸とさせる。
近所のスーパー売り切れを愚痴る
高齢者の言葉に溜息が出た。

備えることと、闇雲に恐れることとは
全く異なる。

思い通りにならないことを学ぶ。
地球のつながりを感じる。
生命本能が起動するのを見つめる。
そのとき自分はどう反応するのか?

その人の内在的性質が現れる…

地域医療従事者である医師なので、
ビビりつつ待機している。