髪型差別


「オバちゃんみたいやな」
中学生の頃、友人連中に笑われた。

初めてパーマをかけた。
「デヴィッド・ボウイみたいにして」
と床屋にお願いしたはずだった。
中学生の自意識は、嘲笑に耐えられ
るほど強くなかった。

(二度とパーマをかけるまい)

今ではパーマに耐えられる毛髪量では
なくなった…

今ならわかる。
友人連中は自分のテリトリーを
荒らされたくなかったのだ。
「現状維持したい」というテリトリーを。

自分らの遊び場にデヴィッド・ボウイが
来たら、そりゃあビックリする!
現状がぶち壊されるからだ。

「人は、差別主義者に生まれるのではなく、
差別主義者になるのである」

著者のトニ・モリスンはアフリカ系
アメリカ人初のノーベル文学賞作家だ。

風習、教育その他環境因子が、
無意識レベルで「よそ者」を育て上げる。

デヴィッド・ボウイでさえも、昭和の
大阪の中学生には差別されるのだ。

差別がなくなればいい

ほとんどの人がそう思っているはず。
だけど、続く言葉がある。

差別は人間の本能だ

どのレベルで本能なのか?
「生まれながら」ではないのだ。
自分の中で「育て上げる」という
本能的能力を持っているだけなのだ。


「よそ者」認定してしまったときに、
「なぜ?」「どこから?」
心の「起源」と真剣に対峙する。
人類全員がそうする日が来れば、
「差別」を克服できるかもしれない。


たまには壮大なテーマもいいでしょ。

祭りの思い出

早い話が
悲しい出来事や経験にアクセスするな
ということだ。

書くことさえ気が引ける。
勝手に思い出させてしまうからだ。
イヤな記憶を。
ほとんど反射的に…
脳は「否定形」を理解できない。

「~しない」は「~する」を迂回できない。
止めろと言われるほどやりたくなる。

「~を思い出さない」を繰り返せば
繰り返しただけ思い出すことになる。
どんどん強く鮮明に記憶される。
皮肉にも… 

意識的に楽しい思い出にアクセスする。
それしか手がない。
脳内に楽しい記憶の部屋を作っておく。
できるだけたくさんの部屋を作っておく。
ホメられた体験、恋が実った日、綺麗な景色
映画のワンシーン…
探せば必ずある。

その扉を開ける「クセ」をつける。

日々、嬉しい出来事を目一杯よろこぶ。

成功者は総じて喜び上手の感動症だ。

今日と明日は地元の鳥越祭り。
祭りになると高齢者も病人も治る。
幼少の頃から親しんできたお祭り。
祭りばやしに血が騒ぎ、リマインドする。
地域全員が一体感を演出する。
リアルオーケストラだ! 

お祭りがあるから生き延びる。
しょっちゅうお祭りを思い出す。
脳内でお祭りができれば最強だ。