さらば、神よ


「お父ちゃんだけズルい!」
娘に叱られた。
本屋の袋が見つかってしまった。
ちゃんと『おしり探偵8巻』も
買ってあったのだが・・・

目に止まった本をランダムに
片っ端から10~20冊買う。
そういう買い方をしているから
自宅に帰って驚くことがある。

自分はこんなことに興味があるのか!

なるべく広く、偏見を入れずに
それなりに売れている著書を
買おうと心がけているつもりだが。

経済が落ちると信者が減るそうだ。
日本では特にその傾向が顕著らしい。
世界でもほぼその傾向なのだが、
例外はイスラム教だけだ。
イスラムは欧米で信者を増やしている。

宗教はコロナに対してほぼ無力どころか
各地で集団感染を引き起こした。
科学的思考こそが最も重要だった。


日本人は特定の宗教観がある国ではない。
しかし、科学的思考が行き渡っているとは
到底思えない。

今回のコロナ問題で言えば、やはり
ダイヤモンド船のデータを
どう取り扱うかに尽きたと思う。


712人が感染し、13人が死亡した。
致死率は1.9%だ。
半数以上が無症状であったことも
重要なデータだ。

不幸な実験室であったが、科学者は
このデータを正しく取り扱うべきだった。
現在の日本の状況は概ね同様の
結果になっている。

前職の医院で発熱外来を導入する際に
スタッフを説得する根拠になったのが
クルーズ船のデータだった。
毎朝サイエンスの大切さを話し、
冷静さを保つよう心がけた。

自称敬虔なクリスチャンで仏教徒だが、
八百万の神も大切にしている。
宗教は生き方の指針だが、古い。

要は何でも「使い方」だ!

先人の犠牲を無駄にしない。
そうして医学や科学は発展し、
人々は生き延びてきた。
今回の騒動で飛び交う言説の数々。
日本のサイエンスは大丈夫か?

恐怖とは?思考停止とは?
コロナ禍は考えるきっかけを与えてくれた。


少なくとも危機的状況を回避するのに
サイエンスは宗教より役立ちそうだ。
それは間違いない。

信教の自由を侵害するつもりはないので
あしからず。

本と畳と珈琲


食料を買い出しに出かけた。
患者さん作のマスクを着用。
トンカツの名店は開いていた。
たまの贅沢で腹いっぱいに。
食後の珈琲と甘いものを散策。

目を疑う光景だった。

ミスタドーナツに行列している!
大人も子どももストレスが溜まる。
リーズナブルな甘いものに走る。
理解できなくない。
みなマスクは着用しているようだ。

君子危うきに近寄らず。

チャリでしばらく走っていると
扉全開の本屋が目に入った。
換気も良いし、雰囲気が良い。
中に入った。

選書のセンスが自分好みだ!
2階は畳のスペースになっている。
珈琲やビールも飲めるようだ。


本を9冊購入(店の最高購入額らしい)。
畳を独占し、読書を開始。
買った本だから書き込みもOK。
とても新鮮な感覚だった。

2階から入り口を眺めていると
ポツリポツリと人が入ってくる。
ほとんどの客が
「こんにちはー」
と大きな声で挨拶している。

店主と関係ができているのか、
そうさせる雰囲気があるのか?
新参者が2階で寝転がって独占する
さまをどう見ているだろうか?

こんな場所がチャリ数分の場所に
あるなんて、なんて素敵だ!

コロナが落ち着いたらみんなに
宣伝してあげよう。

いや、秘密の隠れ家にするかな・・・

「儲かる」読書術

早い話が
本屋は「悩み」の宝庫だ
ということだ。

売れている本は上からすべて
購入するようにしていた。
最近は本屋で読み終わるので、

よほどでないと買わなくなった。

なんとなく「出会った」感じの
本を購入することになる。

やっぱり傾向があるようだ。

「意識」せずに選んでいるのだが…

自分の問題意識が反映されている。

いわば、自分の「悩み」か。

そしてその日のうちに全部読む。

解体し、書き込みまくる。

自分の記憶力の弱さが悔しい。
最低3回は読む。

著者になり切って読む。

読むごとに違う情報が入る。

違う「視点」が手に入る。

目的?

喧嘩しないため。

誰とでも友達になるため。

『隷属なき道』からの引用だ。

「非現実的だ」という批判はつまり、
「現状を変えるつもりはない」という
気持ちを手短に表現しただけなのだ。 

夢に向かって進む。

大義を持って生きる。

今生を面白くする唯一の方法だ。

そう確信している。

それを邪魔されるのが悩みだった。

ちょっと解決!