デリヘルで感染しました


青森の20代男性警察官が
派遣型風俗で感染したそうだ。

そこまでさらす必要あるか?

この警官が逮捕される側だったら
すぐに口を割る犯人だっただろう。

東京都の経路不明が17日時点で
48.5%もいると報道されていた。

逆に少なさに驚いた!

半数以上が「口を割って」いるのだ。

もうそろそろどうすれば感染するか
わかっている。
感染経路を追いかけて、
何の意味があるのだろうか?

全国で医療従事者の感染が
これまたさらされている。
群馬の看護師の家族が感染した
というのがニュースになっていた。

この報道の社会的意義は何なのだろう?
IQの低い人が医療従事者を差別し出す
効果しかないのではないか?

断言する。

ここまで感染力が強い理由は、
ウイルスの悪性度が弱いからだ。
患者が「寝込まない」「死なない」
から広まるのだ。


実際、死者数も重症者も
著しくは増えていない。
高齢者や弱い人に接近する人たち
だけが、自覚を持てばいい。

低レベルのニュースでも「差別」が
始まる程度の民度だと国もメディアも
自覚すべき!

虎視眈々と


「ネギが高騰しています。
勝手ながら値上げさせて
いただきます」

というお好み焼き屋の貼り紙。

それを見て
「豊作で値下げしたことあるんか!」
亡父がよく呟いた。

テレワークが推進されている。
オフィスにいれば「やってる感」を
出せるが、テレワークだとそうは
いかない。

仕事の差がはっきり出る。

「『ジョブ型』『成果主義』
に移行すべきだ」

日経新聞で目にしない日はない。

監視社会への流れもそうだ。
感染経路の追跡は、まさに
個人情報の開示だ。

為政者は常に管理しておきたがる。

知っておかないといけないのは
この流れはコロナ前にもあった。
コロナを機にここぞとばかりに
推進力を発揮してくるお上。

ことの良し悪しの問題ではない。
コロナウイルス自体の陰謀論は
信じないが、どんな機会でも
チャンスにする人たちがいる。

それだけは間違いない。

米のIT長者はこの10週で平均60兆円
資産を増やしているらしい。

ビビっていて思考停止していると
丸裸にされてしまう。

「ただでは転ばない」
「怪我の功名」


口ぐせにしておいた方がいい。