祝!小泉&滝川

小泉進次郎はなぜ国会議員になれたのか?
2世、3世議員候補の人口比率は4万人に1人。
つまり、0.0025%に過ぎない。
世襲議員の割合は25%を超える。
世襲議員は一般人と比して、1万倍以上当選しやすいわけだ。
(ちなみに過去10人の内閣総理大臣のうち、8人が世襲議員)
話題の小泉進次郎は4世議員だ。
彼が国会議員になれた確率は?
「なりたい」とさえ思えばなれる、とは言い過ぎか。
一般の家庭で、子供が国会議員になるという会話は普通出てこない。
「なりかた」が皆目想像つかないからだ。
政治は別世界なのだ。
しかし国会議員といえでも公務員。
あくまで「公僕」に過ぎない。
彼らの給料を払っているのは国民だ。
それだけは忘れてはいけない。
生まれながらの「偉い先生」ではない。
滅私で世のために働くから偉いのだ。
公僕が有名人と入籍しただけの話だ。
首相官邸で会見していた進次郎。
進次郎は内閣総理大臣になれるのか?
潜在的確率は間違いなく高い。
有名人と結婚したことで選挙で落選する確率はさらに低くなった。
日本では有名であることは選挙で極めて有利に働く。
首相になれるかどうかは党内の力関係次第だ。
原爆を吹き飛ばす話題性が魅力であることは間違いない。
広島の原爆で7万人が即死した。
長崎の原爆で4万人が即死した。
数日間は静かに過ごしたっていい。
戦争の悲劇を高齢者から聴くのもいい。
毎年喪に服したっていいではないか。
婚約を祝う気持ちがあるのならば。
どちらも冠婚葬祭の話なんだから。