ドキドキ学校検診


たまに医師会の依頼仕事を引き受ける。
先日、ある男女共学の進学校の
検診を依頼された。

20年ほど前に学校検診の仕事が入った。
高校時代憧れていたある女子校。
いくらプロだとかエラそうに言おうが
こちらは煩悩まみれの20代後半。
緊張しながら検診を開始した。

すぐに「幻滅」という言葉の
「実際」を知ることになる。

女子高生たちの態度の悪さたるや!

自分の高校時代も似たような
ものだったはずだ。
憧れの学校だっただけに、当時は
その客観性が持てなかった。

それから20年の時間が流れた。
男女共学だが、検診は男子のみ360人。
最近は女子生徒を男性医師が
検診することはないらしい。
気を遣わなくて済むので助かる。

真面目そうな学生ばかりだ。
みな態度もすこぶる良い。
ちゃんと並び、挨拶もできる。

世の中こんな良い子ばかりなのか!?

そんな中「慈遊(じゆう)」という
名前の生徒がいた。

「へえ、初めて見た名前やわ」
「ボクも他に知りません」
「めちゃエエ名前やな」
「でも友達にイジられます。
自由とは発音も違うのに!」

こだわる場所が高校生らしい。
彼は続けた。

「あと、変換が大変で」

この辺も最近の高校生ならでは、か。
彼に言ってあげた。

「有名になったらええねん。
『じゆう』って打ったら一番始めに
『慈遊』って変換されるように」
「はい!」


とさわやかな笑顔で退出して行った。

たかが検診といえども、
医者にかけられる言葉は大きい。
そんな風に接することにしている。