ドキドキ学校検診


たまに医師会の依頼仕事を引き受ける。
先日、ある男女共学の進学校の
検診を依頼された。

20年ほど前に学校検診の仕事が入った。
高校時代憧れていたある女子校。
いくらプロだとかエラそうに言おうが
こちらは煩悩まみれの20代後半。
緊張しながら検診を開始した。

すぐに「幻滅」という言葉の
「実際」を知ることになる。

女子高生たちの態度の悪さたるや!

自分の高校時代も似たような
ものだったはずだ。
憧れの学校だっただけに、当時は
その客観性が持てなかった。

それから20年の時間が流れた。
男女共学だが、検診は男子のみ360人。
最近は女子生徒を男性医師が
検診することはないらしい。
気を遣わなくて済むので助かる。

真面目そうな学生ばかりだ。
みな態度もすこぶる良い。
ちゃんと並び、挨拶もできる。

世の中こんな良い子ばかりなのか!?

そんな中「慈遊(じゆう)」という
名前の生徒がいた。

「へえ、初めて見た名前やわ」
「ボクも他に知りません」
「めちゃエエ名前やな」
「でも友達にイジられます。
自由とは発音も違うのに!」

こだわる場所が高校生らしい。
彼は続けた。

「あと、変換が大変で」

この辺も最近の高校生ならでは、か。
彼に言ってあげた。

「有名になったらええねん。
『じゆう』って打ったら一番始めに
『慈遊』って変換されるように」
「はい!」


とさわやかな笑顔で退出して行った。

たかが検診といえども、
医者にかけられる言葉は大きい。
そんな風に接することにしている。

妖怪だらけ


人一倍ふしだらなのに行動は二宮尊徳。
自分と全く同じじゃないか!

「楽園」という悪友が頭の中にいる。
自分と全く同じじゃないか!

水木しげる先生の『妖怪天国』を読んだ。
水木先生は93歳で死ぬまで仕事をした。

自分と全く同じじゃないか、
もうちょっと長生きしたけど!
となれると良いな。

話はコロコロ変わる。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6357899

なぜサーフィンがダメなの?

一人で車で出かけ、波乗りをして
どこで感染するの?
ICUで過酷な仕事をしている医師が
自然に挑戦する休暇を取る。

何を批判されることがあるの?

これを批判する人はバカです。
自宅にこもって人の悪口を言って
妖怪にイジメられればいい。

ちなみにサーフィンはしたことないが・・・

最後に心に沁みた言葉を
「挑戦は結果が問題なのではなく、
挑戦する行動にその報いが
ふくまれているように思う」

(水木しげる)

毎日なにかに挑戦しよう!
サーファーは波に挑戦すればいい。
日本サーフィン連盟の理事長は
世間の波に乗れなくて気の毒だ。

画になる人々


たまに実家に帰阪すると楽しみがある。
保存してくれている録画を観ることだ。
地元の特集を片っ端から
録ってくれている。

蔵前、鳥越、御徒町・・・
「画」になる街なのだろう。
大阪でも度々特集されている。

知っている人ばかり出てくる。
うちの患者さんばかりだ。
しかも、みな「慣れ」とる!

テレビに出るのを自慢するのは
江戸っ子の沽券に関わるのか。
誰も自慢しない。

「テレビ観ましたよ!」
とこちらが言っても。
「ホントは出たくないんだよね」
と喜びを隠せない。

経済には必ずしも反映しないようだ。
出演後、瞬間最大風速は吹くが、
すぐに静まるのが残念なところだ。

「匠」と呼ばれる職人さんも多い。
テレビでその仕事っぷりを見て、
腰を抜かすことになる。
気迫、真剣、気合・・・
「画」から漏れ出ている。


診療中は博打や、酒、趣味の話しか
しないオッチャンたちだ。
「酒多すぎるんじゃないの!?」
普段は、こちらが偉そうに説教している。
つまり「見損なっている」わけだ。

同時に誇らしくもある。
「画になる」患者さんたちに選ばれる
「画になる」医師・・・


アカン!勘違いするところだった。
ちゃんと「医療」をすることが大事。
銘記せねば・・・