祝!小泉&滝川

小泉進次郎はなぜ国会議員になれたのか?
2世、3世議員候補の人口比率は4万人に1人。
つまり、0.0025%に過ぎない。
世襲議員の割合は25%を超える。
世襲議員は一般人と比して、1万倍以上当選しやすいわけだ。
(ちなみに過去10人の内閣総理大臣のうち、8人が世襲議員)
話題の小泉進次郎は4世議員だ。
彼が国会議員になれた確率は?
「なりたい」とさえ思えばなれる、とは言い過ぎか。
一般の家庭で、子供が国会議員になるという会話は普通出てこない。
「なりかた」が皆目想像つかないからだ。
政治は別世界なのだ。
しかし国会議員といえでも公務員。
あくまで「公僕」に過ぎない。
彼らの給料を払っているのは国民だ。
それだけは忘れてはいけない。
生まれながらの「偉い先生」ではない。
滅私で世のために働くから偉いのだ。
公僕が有名人と入籍しただけの話だ。
首相官邸で会見していた進次郎。
進次郎は内閣総理大臣になれるのか?
潜在的確率は間違いなく高い。
有名人と結婚したことで選挙で落選する確率はさらに低くなった。
日本では有名であることは選挙で極めて有利に働く。
首相になれるかどうかは党内の力関係次第だ。
原爆を吹き飛ばす話題性が魅力であることは間違いない。
広島の原爆で7万人が即死した。
長崎の原爆で4万人が即死した。
数日間は静かに過ごしたっていい。
戦争の悲劇を高齢者から聴くのもいい。
毎年喪に服したっていいではないか。
婚約を祝う気持ちがあるのならば。
どちらも冠婚葬祭の話なんだから。

憲法記念日

憲法とは権力者をしばるために存在する。

要するに、国民が権力に向けて出した

指示書のようなものだ。

日本の平和が憲法だけで守られてきた。
そんなメルヘンを語るつもりはない。
けれど、憲法が権力乱用の歯止めには

多少なったかもしれない。

基本的に、権力者は憲法を変えたい。
だから自民党が改憲を党是としている

ことは至極当たり前なのだ。

さまざまな意見があっていい。
しかし、賛否を表明する人たち。
憲法の本質をわかっているのかな?
(憲法の本質自体を変えて、新しい何か

を作るなら、それは違う議論だ)

憲法には義務規定があるではないか!
その通りだ。
国民の三大義務が存在している。
教育を受けさせる義務(26条2項)
納税の義務(30条)
この二つは同時に国民の権利を守る
ためのものだからやむを得ない。
「勤労の義務(27条)」がよくわからない。
この義務のせいだ。
権力をしばるという本質を忘れてしまう。
ただ、本質的に国民には憲法を遵守する
義務はない。
お陰で、ニートは罰せられない。
天皇と公務員だけに憲法を遵守する

義務があるのだ。

憲法があれば戦争は起こらない。
それはメルヘンに過ぎない。
これまでも実際、巻き込まれてきた。
国家および為政者は暴走しない。
それもまたメルヘンだ。
これまでも理屈をこねて、違憲としか
理解できない解釈をしてきた。

個人的には胡散臭いと思っている。
為政者の側が言い出しっぺになるのは!
もちろん色んな意見があっていい。
ただ、前提が一致しないと議論はできない。
自分たちの権利の根拠が変わる。
その可能性があるのだ。
自分の頭で考えるしかない問題だ。