健康長寿の秘訣


須川さん夫婦は健康長寿の典型だ。
夫95歳はうちの患者さん。
元警官で矍鑠(かくしゃく)としている。
この年齢には見えない。

妻はたまに路上で挨拶をする程度。
年の離れた夫婦だと思っていたが、
本日来院し年齢が判明した。
90歳だった!
当院への転院希望で来院した。

意外と薬をたくさん飲んでいた。
大した薬ではない。
最近それも健康の秘訣だと感じている。
「安心」という効果は計り知れない。

15歳若く見える秘訣は誰でも知りたい。

「なに食べてるんですか?」
「粗食ですよ」


やはり!
粗食が良いのか!

具体的にどういうものを
食べているか詳しく聴いてみた。

「好物は?」
「お寿司が大好きなんです」
「・・・」
「あとウナギも」


どこが粗食やねん!

よく聴くと家では妻が料理をする。
それは粗食なのだそうだ。

かなりの頻度で外食をし、
良いモノを食っているようだ。
家で粗食をすることで
何らかの帳尻を合わせる。

やっぱり「安心」効果はデカいようだ。

長生き玉子

健康長寿の患者さんに
「何を食べているんですか?」
と尋ねる。

実に千差万別だ。
「何でも食べる」という人もいるが、
「〇〇は絶対に食べない」という人が

意外と多い。

神田さん(95歳)は納豆を絶対に
食べないそうだ。
ただし玉子のこだわりはすごい。
神田さん御用達の玉子店を
紹介してもらった。
確かに美味しい玉子だった。
神田さんの健康長寿の源と知ると

ご利益があるような気がする。

世間の健康情報など気にせず
「これがいい!」と確信を持つ方が

いいのかもしれない。

吉田さんは84歳の女性。

最近胃の調子が悪い。

「クルミが原因だと思うの」
「クルミ?」
「テレビで言ってたのよ、良いって」
「クルミってリスの食べ物でしょ?
リスの上前はねたらあきませんよ」

「罰当たったのかな」

医師の立場から言わせてもらう。
いくら情報番組の宣伝が魅力的でも、
80歳を超えて、不慣れな食べ物に

挑戦するのはオススメしない。

自分の体で人体実験しているの

だから文句はないのだけれど…

ヒトの食に対するチャレンジ精神は
呆れるほどだ。

他の動物界ではあり得ないことだ。
リスも納豆は絶対に食べないはず…