髪型差別


「オバちゃんみたいやな」
中学生の頃、友人連中に笑われた。

初めてパーマをかけた。
「デヴィッド・ボウイみたいにして」
と床屋にお願いしたはずだった。
中学生の自意識は、嘲笑に耐えられ
るほど強くなかった。

(二度とパーマをかけるまい)

今ではパーマに耐えられる毛髪量では
なくなった…

今ならわかる。
友人連中は自分のテリトリーを
荒らされたくなかったのだ。
「現状維持したい」というテリトリーを。

自分らの遊び場にデヴィッド・ボウイが
来たら、そりゃあビックリする!
現状がぶち壊されるからだ。

「人は、差別主義者に生まれるのではなく、
差別主義者になるのである」

著者のトニ・モリスンはアフリカ系
アメリカ人初のノーベル文学賞作家だ。

風習、教育その他環境因子が、
無意識レベルで「よそ者」を育て上げる。

デヴィッド・ボウイでさえも、昭和の
大阪の中学生には差別されるのだ。

差別がなくなればいい

ほとんどの人がそう思っているはず。
だけど、続く言葉がある。

差別は人間の本能だ

どのレベルで本能なのか?
「生まれながら」ではないのだ。
自分の中で「育て上げる」という
本能的能力を持っているだけなのだ。


「よそ者」認定してしまったときに、
「なぜ?」「どこから?」
心の「起源」と真剣に対峙する。
人類全員がそうする日が来れば、
「差別」を克服できるかもしれない。


たまには壮大なテーマもいいでしょ。

相手がいるから一人になれる

早い話が
モノが安すぎるのはおかしい
ということだ。

「相手がいるから一人になれる」

どこで読んだが忘れたが、
記憶に刻まれる言葉だった。

関係性の中でしか人は存在しない。
相手を認識して初めて
自己を知ることができる。
そんな風に解釈している。

他者がいなければ自分を
考察することは不可能だ。
他者の中にしか自己は存在しない
のだから、職業を持つ必要がある。

だれかの役に立たないといけない。
誰もが他者の仕事の成果に
囲まれて生きているのだから。

消費活動をするときも、
誰の役に立っているか
考えながらやった方がいい。
安さだけで選ばなくなるはず。

安い理由を考えるのも一人では
できないということだ。