『縁起の思想』読後


早い話が
傍観者にはなりえない
ということだ。


何をかくそう仏教徒だ。
破ることも多々あるが、
一応「戒律」もある。

「宗教とは一神教である」
の定義を採用しているので、
仏教を宗教とは考えていない。
仏教に「神」はいないからだ。

生きて行く上での知恵として、
仏教「哲学」を採用している。

「縁=関係」「縁起=関係性」
と著者は考えている。


西洋哲学で関係性「A→B」を語る際、
語り手はAに対して完全なる傍観者だ。
逆に完全なる傍観者になれるから、
「科学」が生まれる。

仏教の立場は全く違う。
自分と無関係なAは存在するのか?
要するに

「ほな、誰がAについて語ってるねん?」
ということだ。

Aには、「自分」を含め、すでに
無数の「縁(関係)」が内在されている。
21世紀「量子論」では観測者の影響を
無視できないことが当たり前になった。
仏教に「先見の明」があったのだ。


イラク問題は傍観者でいられても、
新型肺炎の問題は傍観者になれない。
感染症も経済もつながっている。
本当はイラク問題もつながっている。

「関係性」を意識することでしか
世界は救えない。

宗教はだれのため?


早い話が
「神の呪縛」から逃れるのは難しい
ということだ。


高齢者の家に行く機会が多い。
絶対に「仏壇」がある。
その真正面に「神棚」があることも。

お寺さんに往診した際にも、
立派な神棚があった。

お神酒で晩酌していたお宅も…

釈迦牟尼と八百万の神。
一神教から見れば、日本の宗教は
どれほどフシダラか!


著者はイランから米国に亡命した。
ムスリムから福音派に改宗し、
ムスリムに戻った。
いずれにしてもバリバリの一神教だ。
「創造主」の存在を確信しているはず。


本のタイトルは命がけなのか?
英語のタイトルは
“GOD A HUMAN HISTORY”
だったので少しニュアンスが違う。
安心した。

著者の主張は、神の擬人化が問題であり、
あまねく存在する神、つまり汎神論こそ
真理だとしている。


何のことはない。
「大日如来」がまさにそれだ。
著者は高野山にも行った方が
いいかもしれない…

日本のフシダラさが神様との
丁度いい距離感なのかもしれない。