2回戦突破を目指して


「うちは一回戦しか来ない店だから」
山本さん(66歳)は浅草で長年、
居酒屋を経営している。
「一回戦」とは「一軒目」という意味だ。
他の店で酔った若い客はリスキーだ。

「若い子が来ると常連が帰るのよ」
スナックママの佐藤さん(79歳)は嘆く。
スナックで歌って騒ぐのはもっぱら
ヒマな若者。

若者がコロナを媒介している。
そういう風評があるものだから、
年寄りは若者が来ると退散する。
会社の飲み会も自粛だらけだ。

良くも悪くも日本は「酒文化」だ。
酒の席で先輩から説教され、教わる。
そういう機会がなくなる。
世代間の分断はますます進むだろう。

先週末帰省した。
東京の医者の帰省は地方には迷惑かも
しれないが、帰省先は大阪だ。
みな1週間前に風邪を引き終わり、
PCR検査も確認済みだ。

数カ月ぶりに孫と再開する母親の
喜びようはなかった。
別れ際に孫から順番にハグされる
母親の嬉しそうな顔。

この景色が当たり前になるように
なんとか手を打とう。

ナガルコット最終話

そんなこんなで最終日。
今朝は雨だった。
毎朝全く違う景色だった。
買い物と市内観光からの出国。

タクシーをチャーターしたい旨を
フロントに告げると
「それなら今すぐ出発しないと!」
と焦らされる。
結局早く空港に着きすぎることに…

母も自分も欲しいモノが買えた。
しかも極めて効率よく。
ネパールのような国では珍しい。

値段の交渉も一切なし。
交渉のやり取りも楽しいものなのだが
余計に払ってあげたい気持ちだった。
奇跡のようにスムーズに流れた。

自分の欲しているモノが手に入る。
実際はトラブルもあった。
終始「かえってよかった」精神で
いられたことが勝利の秘訣か。


搭乗まではラウンジで過ごした。
ネパールのラウンジはホテル内。
だから意外と豪華だ。
ここでも母の食欲に脱帽だった。

数時間後には関空。
カルロス・ゴーンの脱走した空港。
手間取るかと思ったが杞憂だった。

リムジンバスで大阪駅に予定通り到着。
母とハグでお別れ。
迎えに来ていた妹ともハグでお別れ。
しばしの別れか、今生の別れか。
原田家では恒例の挨拶だ。

帰省ラッシュの東京行き新幹線。
奇跡のキャンセルでグリーン確保。
親切な親子と意地悪な親子に遭遇。

カネがなくても幸せに見えるネパール人。
グリーンに乗っても不幸せに見える人。
やっぱりキーワードは「挨拶」だ。
「ありがとう」「ダンニャバード」
大切な言葉だ。


東京に着くと子どもたちは寝ていた。
娘や息子と二人で旅行する日は
はたして来るのかな?
そのときまで生きてるかな?
チャンスがあれば是非!