ナガルコット最終話

そんなこんなで最終日。
今朝は雨だった。
毎朝全く違う景色だった。
買い物と市内観光からの出国。

タクシーをチャーターしたい旨を
フロントに告げると
「それなら今すぐ出発しないと!」
と焦らされる。
結局早く空港に着きすぎることに…

母も自分も欲しいモノが買えた。
しかも極めて効率よく。
ネパールのような国では珍しい。

値段の交渉も一切なし。
交渉のやり取りも楽しいものなのだが
余計に払ってあげたい気持ちだった。
奇跡のようにスムーズに流れた。

自分の欲しているモノが手に入る。
実際はトラブルもあった。
終始「かえってよかった」精神で
いられたことが勝利の秘訣か。


搭乗まではラウンジで過ごした。
ネパールのラウンジはホテル内。
だから意外と豪華だ。
ここでも母の食欲に脱帽だった。

数時間後には関空。
カルロス・ゴーンの脱走した空港。
手間取るかと思ったが杞憂だった。

リムジンバスで大阪駅に予定通り到着。
母とハグでお別れ。
迎えに来ていた妹ともハグでお別れ。
しばしの別れか、今生の別れか。
原田家では恒例の挨拶だ。

帰省ラッシュの東京行き新幹線。
奇跡のキャンセルでグリーン確保。
親切な親子と意地悪な親子に遭遇。

カネがなくても幸せに見えるネパール人。
グリーンに乗っても不幸せに見える人。
やっぱりキーワードは「挨拶」だ。
「ありがとう」「ダンニャバード」
大切な言葉だ。


東京に着くと子どもたちは寝ていた。
娘や息子と二人で旅行する日は
はたして来るのかな?
そのときまで生きてるかな?
チャンスがあれば是非!

ナガルコットその3

3日目の朝ついにご来光。
まさに天晴!

信心深い母は拝んでいた。
自分に塗りこむように浴びていた。
素晴らしい貪欲さだ。
食欲もさらにパワーアップしていた。

食後は村を散策。
掘っ立て小屋としか思えない建物。
しかも崖の上…
風で飛びそうだ…

「レストラン」「ライブバー」
タイトルだけは立派だ。


路上で手洗いで洗濯。
けだるそうな黒犬がうようよ。
陳列のお菓子を選る野猿。
終戦直後の景色だ。

違うのは皆、手にスマホ。
ということは情報は手に入る。

人懐っこい店主にナンパされ、
ライブバーでお茶をすることにした。

4年間ドバイで働いていた店主。
4年前にこの土地を250万で購入。
現在2000万に高騰している。
銀行金利は12~14%。
投資に全く興味がない自分に
同い年の店主が色々話してくれた。

中国とインドに挟まれた国だ。
しんどいだろうと思う。
しかし、目の輝きと満面の笑顔、
古い親友かの如き雑談。

ネパール人は一様にそうだった。

途上にあるときが一番幸せなのか?
スマホで「夢」が見られるのも
悪くないのかもしれない。

店主から聴いた話だ。
15年前に日本の有名な音楽家が
プライベートジェットで来たらしい。
何曲か歌ってくれたそうだ。
名前を聞いて母も驚いていた!

その音楽家はお忍びで来ていた。
同じホテルに泊まっていたそうだ。
お忍びなので名前は伏せておく。

3日目はそんな感じ。

ナガルコットその2

二日目。
初日の出を拝むことができた。
瞬間ではあったが…
近所で花火が打ち上げられたのは
嬉しいサプライズだった。

圧倒的な景色に感動している
母にホッとした。
そして朝食ビュッフェにおける
母の凄まじい食欲に驚嘆した。
(これなら大丈夫や…)

山の上のコーヒーは本当に美味い!
母は4杯おかわりしていた…

ご機嫌な母は饒舌だ。
改めて実感した。
うちの母親はしゃべりが上手い!

もちろん大半が思い出話だ。
どう考えても、現実離れしている。
「ホンマ?」満載だ。
長年話すうちに練り込まれ、
真実になったのだろう。
そして最後は自分の手柄に持っていく。

それでいいのだ。
その人の「記憶」がその人なのだ。
イイ人生だった、で死ねばいい。


ときに悲しい記憶を泣きながら話す。
それもそれでいいと思う。
ただ、悔いている思い出話にだけは
「かえって良かったんちゃうか」
と「Bメロ」にブリッジしてあげた。

幼少時以来の二人っきりの時間。
最高のシチュエーションで実現した。
悲喜こもごもすべての出来事が
「今」に欠かせない材料だ。

雑談こそが人生だ。