オカルト?ちゃうちゃう

行動や習慣を変えたい。
そう思っている人は多い。

本屋に行けばよくわかる。
そういうよく本が売れている。

変わろうという決意はあるのだ。
決意が持続しないのだ。

なぜか?
意志の弱さ?
では意志って何?

これまた抽象的な言葉だ。
決意とよく似た言葉を使って
説明しても意味はない。

決意を忘れるからではないか?
忘れても人生は送れるからだ。
当然だ。
決意する前も人生を送れていた。
現状を持続する意志は強いと
言えなくもない。

決意を忘れないことが大切だ。
忘れない工夫の一例を紹介する。

生活習慣病の患者さんのケース。
習慣を変えないと治らない。
(変えずに薬だけ飲む人もいるが…)

たとえば
「お腹がへこまないんですよ」
という患者さんがいる。

忘れない環境づくりが必要だ。

ジムに通う?
ランニングする?
間食しない?
食べすぎない?

全部ムリに決まっている。
良い習慣とは何か、は皆知っている。
できないから医者に来ているのだ!

うちのやり方はこうだ。
「へこむようにしてあげます」
と言って、お腹を触る。
そして念を送る(←大事)。

真剣な顔で
「へこむ念を送っておきました」
これでOK。

ホントに効くのだ。

なぜか?
医者にお腹を触られて念を送られた。
それは記憶に残るからだ。
そう簡単に忘れられない
非日常経験だからだ。

自分のお腹を触る度に思い出す。
(主治医に念を送られたお腹だ!)

主治医との約束を守りたい
患者にはとてもよく効く。

ご利益が欲しい人!
触ってあげますよ♡

ダイエット中毒

外来は今日も決意表明が飛び回る。
「頑張ります!」

ちゃう、ちゃう…

頑張ったらアカンって…

フロリダ大学の有名な研究。
チョコレートを我慢したグループは、
我慢しなかったグループと比べて、

その後の難しい作業をすぐ投げ出した。

この結果から、
「自制心」は限られたリソースである
と結論している。

ダイエットが失敗するわけだ…

割と意志が強い方だと自負している。

(まずは思い込みが重要だ)

人間は苦痛を避け、快楽を求める。
だから中毒を作るのは簡単だ。
電車に乗れば一目瞭然。

10年前と景色は一変している。

新しい習慣を持続させたいとき。

「ゲーム性」を導入するのだ。
たとえば、

決めごとを守れたら500円貯金する。

禁酒日に500円貯金した金内さん。

なんと25万円貯めた!

自分を利する中毒を作れば良いのだ!

と書きつつ、つくづく思った。

大人って実に子どもだなあ…

イヤなコトは一切やらない。
好きなコトだけやる。
本来勝手にそう生きるべきなのだ。

「しがらみ」がそれを許可しないのか…

ルールを守っている自分。
それを選択しているのは他ならぬ自分だ。
それくらいは意識し続けたい。

カレーの神様

早い話が
日本人は本当に正直だ。

カレーダイエット5日目。
本日は神保町のエチオピアカレーに。
豆&チキンカリー950円
食券前払い制だ。
古本購入のお釣りの硬貨がポケットで
ジャラジャラとうるさかった。
確認すると350円あった。
札1枚百円玉1枚と10円玉を5枚投入した。

これでジャリ銭が8枚から3枚に減る!

27時間ぶりのカレー。
ワクワクしながら心待ちしていた。
ふと不穏な気持ちになった。
ポケットが涼しすぎる。
確認した。
100円玉が二枚しかない。
アレ?500円玉は?
取り忘れていたのだ!
ときどきやってしまう!

急いで食券販売機へ行った。

釣銭口には…
もちろん、ない。

そら、そやわなあ…

「どうしました?」
インド系女性店員が訊いた。
「いやあ、釣銭取り忘れててね、500円」
言ってしまい、後悔した。

自分のミスだし、恥ずかしい…

「お2階のお客様だ!」

店員は颯爽と階段を駆け上がった。

しもた…いらんこと言うてしもた…

やめてよ…他の客かわいそうやん…

「お客さま、ありました!」
500円硬貨を渡してきた。

「あっ、ありがとう…」

多分、次に食券を購入した客だろう。
500円の釣銭が残ってる。
ラッキー!
と思ったのもつかの間。

すぐに「お天道様」が現れた。

2階でのやりとりの詳細は知らない。
きっと彼も恥ずかしかっただろう。

お互いカレーの味を楽しめなかったね。

日本人は本当に正直だ。
店員の国でははたして…
いかん、それも偏見だ。