コロナビールとタイガービール


「不足を楽しめばいいんですよ」
茶の湯の心だそうだ。
川中さん(80歳女性)はお茶の先生だ。
生徒が休みで教室の収入がない。
現状に対して前向きに呟いたのだ。

「年寄りはもういいんですよ。
死ぬべき人を守るため若い人が
犠牲になって申し訳ない」

川中さんは言った。

だけど、そう言った先から
「若い人が消費活動をしないから
地球がキレイになってる。

だからウイルスも必要なのよ」
この辺りの「太さ」が元気の源だ。

不足と言えば、インドのトラも交尾を
制限されているそうだ。
トラにも「社会的距離」が必要とのこと。

NYのトラが新コロ陽性だったことを
受けての処置らしい。
日本では人間さえ、検査してもらえない!
野生のトラは5000頭もいないそうだ。
野生の人間は73億人いるから仕方がない。

はたしてトラが禁欲を楽しめるのか?
インドのトラに茶の湯の心がわかるのか?
インドだから「チャイの湯の心」か・・・

話は変わる。

インドからヒマラヤが見えたそうだ!
外出制限効果で大気汚染が改善した。

ある意味これも「怪我の功名」か。

インドも日本もニューヨークも
トラも人間もウイルスも
つながっている。

ライバルは自分だけ

早い話が
旅する前にガイドブックを買うな
ということだ。

「ライバル “rival”」 の語源は?
「川 “river”」 だそうだ。

川向は競争相手で、嫉妬の対象なのだ。

海の向こうは?
開拓精神、一攫千金、一発逆転…

夢を実現する「場」と見た。

ライバルは見える範囲にいる。
見えないところに夢を見る。

見えない方がいいのだ。

世界が可視化された、かのように見える。
実際に行くと、新たな発見ばかりだ。
川向でも、聞いた話と大抵異なる。

感じ方は人それぞれだから当然だ。

ガイドブックは買わない主義だ。
ホテルも予約しない。
いつも現地調達(家族旅行は例外)。
インド、ネパール、タンザニア、キューバ

そうしてきたが何の問題もなかった。

偏見と先入観は強力な「足かせ」だ。
頭の中でも同じ現象は起きやすい。
「答え」や「情報」がなければ動けない。
「準備不足」と言い訳してしまう。
でも、それは嘘かもしれない。

「見切り発車」でいいのではないか?

情報のない未開の地に進んで行った先人。
そして生き延び子孫を残した。
みんな「先人」の末裔なのだ。
先人になるのは勇気がいる。
ここでも邪魔なのは他人の先入観だ。
選んだ「道」で先頭を走りたい。