神様が住む街

大阪にいた頃の話だ。
イギリス人とドライブしていた。
突然彼が叫んだ。

God!!

指差す方向には「神戸」と書いた看板。
「神=God」と漢字で覚えていたのだ。

非常に興味深かった。

それまで「神戸」に「神」を感じた
ことがなかったからだ。
神戸が「神々しい」街に変化した。
かどうかは知らない。

東京だと「神田」や「神泉」。
普段、神を意識しているだろうか?

「仏」がついている地名も調べてみた。
仏並、仏谷、仏向、仏子・・・

結構あった。
しかし心当たりのない地名だ。
すごく「仏」を感じる。
イギリス人になった気分だ。


人名でもそうだ。
「鈴木」という名字の人は多い。
しかし、リンリンと鳴るBGMは
聴こえてこない。

言葉は生活の中で「空気」になる。

「はじめに言葉ありき。
神は言葉であった」

(新約聖書「ヨハネによる福音書」)

神は空気のようにそこら中に
いるのかもしれない。