誰も教えてくれない「痛み」の秘密

「ほら、全部そろってるでしょ?」
野沢さん(53歳、男性)は両手を見せながら
誇らしげに、そう言った…

話のきっかけはこうだ。
聴診をしながら、好奇心が湧いた。
「いくら位かかるの?」
「高級車一台分ですね」
「やっぱりそれ位するんや…」

肉体と金銭両方の痛みに耐えないといけない。
業界用語で「がまん」と言われる
所以(ゆえん)だ。

野沢さんは業界は業界でも理容業界だ。
冒頭の言葉で証明してくれた。

幼少時から大のお祭り好き。
諸先輩方はみな憧れの対象だ。
見習って墨を入れるのは普通のことらしい。
つまり、「伝統文化」なのだ。

会の代表が彫師だった「縁」もある。

「ヤーさんと違って、おカネがないから
長期間かけて徐々に完成させるんです」

10年以上彫り続けている。
まだ完成途上らしい…
分割きくんだ…

乳首の上か下かで関東と関西が違うそうだ。
乳首はいわば「尾張名古屋」か!?

入れ墨も奥が深いようだ。

ちなみに野沢さんの本職は大繁盛。
この不景気でも行列ができる床屋さんだ。

「秘訣」を内緒で教えてもらった。
「なるほど!」思わず唸る「秘訣」だった。

ここでも固定観念が覆された。

企業秘密なので公開はできない。

お祭りでも何でも本気で夢中になる。
その能力がある人は多芸に通じる。

それだけは固定観念どおりだった。

祭りの思い出

早い話が
悲しい出来事や経験にアクセスするな
ということだ。

書くことさえ気が引ける。
勝手に思い出させてしまうからだ。
イヤな記憶を。
ほとんど反射的に…
脳は「否定形」を理解できない。

「~しない」は「~する」を迂回できない。
止めろと言われるほどやりたくなる。

「~を思い出さない」を繰り返せば
繰り返しただけ思い出すことになる。
どんどん強く鮮明に記憶される。
皮肉にも… 

意識的に楽しい思い出にアクセスする。
それしか手がない。
脳内に楽しい記憶の部屋を作っておく。
できるだけたくさんの部屋を作っておく。
ホメられた体験、恋が実った日、綺麗な景色
映画のワンシーン…
探せば必ずある。

その扉を開ける「クセ」をつける。

日々、嬉しい出来事を目一杯よろこぶ。

成功者は総じて喜び上手の感動症だ。

今日と明日は地元の鳥越祭り。
祭りになると高齢者も病人も治る。
幼少の頃から親しんできたお祭り。
祭りばやしに血が騒ぎ、リマインドする。
地域全員が一体感を演出する。
リアルオーケストラだ! 

お祭りがあるから生き延びる。
しょっちゅうお祭りを思い出す。
脳内でお祭りができれば最強だ。