ナガルコット最終話

そんなこんなで最終日。
今朝は雨だった。
毎朝全く違う景色だった。
買い物と市内観光からの出国。

タクシーをチャーターしたい旨を
フロントに告げると
「それなら今すぐ出発しないと!」
と焦らされる。
結局早く空港に着きすぎることに…

母も自分も欲しいモノが買えた。
しかも極めて効率よく。
ネパールのような国では珍しい。

値段の交渉も一切なし。
交渉のやり取りも楽しいものなのだが
余計に払ってあげたい気持ちだった。
奇跡のようにスムーズに流れた。

自分の欲しているモノが手に入る。
実際はトラブルもあった。
終始「かえってよかった」精神で
いられたことが勝利の秘訣か。


搭乗まではラウンジで過ごした。
ネパールのラウンジはホテル内。
だから意外と豪華だ。
ここでも母の食欲に脱帽だった。

数時間後には関空。
カルロス・ゴーンの脱走した空港。
手間取るかと思ったが杞憂だった。

リムジンバスで大阪駅に予定通り到着。
母とハグでお別れ。
迎えに来ていた妹ともハグでお別れ。
しばしの別れか、今生の別れか。
原田家では恒例の挨拶だ。

帰省ラッシュの東京行き新幹線。
奇跡のキャンセルでグリーン確保。
親切な親子と意地悪な親子に遭遇。

カネがなくても幸せに見えるネパール人。
グリーンに乗っても不幸せに見える人。
やっぱりキーワードは「挨拶」だ。
「ありがとう」「ダンニャバード」
大切な言葉だ。


東京に着くと子どもたちは寝ていた。
娘や息子と二人で旅行する日は
はたして来るのかな?
そのときまで生きてるかな?
チャンスがあれば是非!

学歴詐称!?

徳丸さん80歳はTシャツ姿で来院した。
Tシャツには
“University of Hawaii”
と書かれていた。

「留学されてたんですか?」
訊いてみた。
「いやいや、娘のハワイ土産です」
らしい。

書いている内容を認知していなかった。

次の患者さんは石橋さん66歳。
Tシャツに
“Universität Wien”
と書かれていた。
「留学されてたんですか?」
もう一度ボケた。
「してみたいですよねえ…」

石黒さんは認知して着ていたようだ。

二人連続で欧米の大学Tシャツ。
嘘のように出来すぎた話だ。
日本の高齢者は欧米大学に憧れるのか?
妻の両親もペアでハーバードを着ていた。
(土産を渡したのは自分だが…)
ハーバード大学、MIT周辺にも
ブランドグッズ屋がたくさんあった。

着用している学生は一人もいなかった…

ふと
日本の大学も出しているのだろうか?
と調べてみた。
早稲田も慶応も明治も…
グッズを販売しているではないか!

日経新聞に
「東大が ”Utokyo Go”という文房具を販売」
という記事を見つけた。
少し地味だが、デザインも悪くない。
東大入りたい受験生には役立ちそうだ。
ゴールがぶれないかもしれない。

しかし、外国で高齢者が医者にかかるとき
「早稲田大学」と書いたTシャツ…

あらへん、あらへん。