言葉が「起爆剤」

背中を押してくれる存在は絶対に必要だ。

「書籍に影響されて」
「ある映画が人生を変えた」
あるかもしれないが、それだけか?
やっぱり「人」との関係性が重要だ。

残念な事実だ。
背中を押さずに、足を引っ張る。
そういう人が圧倒的に多い。

自分のケースもそうだった。
「東京に行くわ」
「お前には合ってないよ。やめとき」

「自社ビル持ちたいねん」
「おカネないやん。無理無理」

「本出したい」
「いつ出すねん?前からゆうてるやん」

てな具合。

母親は背中を押してくれるタイプだった。
「やればできる」という考え方。
「フェラーリ買おう思てるねん」
「ついに夢かなうやん!」
夢の邪魔をしないのはありがたかった。

不思議と、周囲に常に
「おう、絶対イケるで!」
という人がいてくれた。
サポーターに恵まれたのだ。
日野晃師もその一人だ。

現状は不満だが、常に嬉しい。
10年前には想像もしなかったことだ。
人間関係も大きく変わった。
というか広がった。
多分これからもドンドン変わるだろう。
まだまだ夢に向かって走っていく。
夢?

世界の子供たちの教育と医療の機会均等
それを実現すること

だから全然満足していない。
不満は自分のとってモチベーションだ。

足を引っ張られることもなくなってきた。
たまに変な言葉を受けても
「この人ずっと留まってるんやろうなあ」
とむしろ哀れになる。

自分自身に対して
「大丈夫。絶対イケるで」
という言葉を使うようにしている。
そうすると本当に解決していく。
言葉を発することで解決法が見つかる。
そんな感じだ。
言葉が「起爆剤」。
「問題解決センサー」が発動する感覚だ。

目の前の相手にもそう言っている。
「大丈夫。絶対イケるで」
家族、友人、患者さん…
(患者さんにはケースバイケースだが…)

すると大抵うまくいく。
だから驚くほど周囲が成功している。
患者さんも治癒してくれる。
何より、変な言葉遣いをする人が減った。

多分本当は絶対にうまくいくのだ。
正しい言葉を使っていれば。
しかし、前述した「足を引っ張る人」。
これが非常に邪魔だ。
この人たちの言葉が侵略してくるのだ。
そして彼らの言葉に塗り替えられる。
感染力が強いのだ!
「関係者各位に告ぐ」
警告が必要なのかもしれない。

一人旅に出るしかない。
本気で状況を変えたいならば。
関係者の全くいない場所へ。
できれば言葉の通じないところへ。
しかし、現代はネットですぐにつながる。
「こっちに帰っておいで」
関係者が手ぐすね引いて待っている。

「御破算」にする根性。
しつこく背中を押してくれる存在。
二つとも必要なんだろうな。

よろず相談所ワンラブ
所長:原田文植