天国日記(2)

この人の生きている「場」は?

患者さんと対峙しているとき、
意識するようにしていた。
いつの間にか、誰と対峙していても
そうするようになったみたいだ。
もはや「意識」はしていない。

旅行中は四六時中家族と行動する。
妻に指摘されてはっと気づく。
以前と人と接する態度が違うらしい。

出会う人全員が以前より印象的だ。

いつか犯罪事件の目撃者として
警察に招致されたら…
精度の高いモンタージュ写真作成に
協力できるかもしれない。

冗談はともかく、出会う人全員が
印象的になれば、寿命が延びたも
同然だ。
人生時間の密度が濃くなるのだから。

日々のブログも貢献しているの
かもしれない。

書くと決めているから、無意識が
材料(ネタ)を探しているのだ。
意識的にネタ探ししているつもりは
全くない。

海外では一層、相手の「場」の
バラエティが豊富になる。

この人はどんな世界を生きて
いるんだろう?

ちょっとしたやり取りでも頭が
フル回転するのがわかる。
海外旅行は脳に実によく効く。