酒と薔薇の日々


大学の同級生の吉川君とお茶をした。
3時間くらい盛り上がった。
見晴らしのよい川沿いのカフェで。

旧友と会うと大抵、昔のとんでもない
悪事をとがめられる。

酒にまつわる失敗、女がらみ…
「そんなことあったなあ」
大笑いしながら勝手に盛り上がる。

「一生の思い出やなあ」
こちらの言葉に吉川君はただ苦笑い。

決して開き直っているわけではない。

ところで、映画のキモは「シーン」だ。
シーンにおいて、何らかの取引が行われる。
映画は「活動写真」と呼ばれていた。
シーンは動く写真の中で表現される。

シーンにしか意味がなく、逆に
無意味なシーンは全部切り取られる。

長くて3時間の中に、重要なシーンだけが
集まったものが映画だ。
(無駄なシーンの多い映画も多々あるが…)

映画は「記憶」に近い媒体だと思う。
記憶とは「ネタ化」されたシーンの集大成だ。

人間は一度見たものは見ないそうだ。
見ているフリをしているだけ。
神経は「変化」にだけ反応する。
脳のエネルギー消費節約のため、
生得的に備わった機能だ。

つまり無駄なシーンは記憶されない。
変化のない生活をしていると
ヘタしたら記憶ゼロになる。
死ぬ時に「ゼロ人生」になってしまう。

新型コロナのおかげで2020年は
忘れられない年になるだろう。
ぜんぶ「ネタ化」すればいい。

吉川君の名作(迷作?)映画に
出演できたことを光栄に思う。

繰り返すが、開き直っている
わけではない。