親を尊敬してはいけません

中学入試の指南書だったか?

「尊敬している人は?」

という質問に何と答えるか?

その本によると
「親です」

という答えはNGであるとのこと。

「福沢諭吉」とか「聖徳太子」
歴史上の人物を答えた方がいいと。

「入試技術」としてはそうらしい。

親は尊敬の対象ではなかった。
小学生の自分はそうだった。
(親は悲しんだかもしれないが…)

今は尊敬している。

尊敬の概念が変化したからだ。
勝手に他者に「役割」を与える。
全員なにがしかの「役割」がある。

であれば、誰のことも尊敬できる。

落語はよくできている。
「与太郎」にも役割がある。
与太郎も尊敬対象だ。

与太郎なしで落語は成り立たない。

他者が役割を果たしてくれている。
すなわち「機能」してくれているから

自分の人生が成立している。

相手を尊敬できるかどうかは、

こちらにかかっているわけだ。

他人に定義を強要するつもりはない。

巷の
「リスペクトしてるぜ」

には違和感をおぼえる。

このブログを読んでいる人!
尊敬していますよ!