日本全国コンフォートゾーン

「ブッてやがんだよね!」

加山さんは江戸っ子だ。
妻と教員をしている息子の3人暮らしだ。
息子の念願で逗子に引っ越した。

「紹介状書きますよ」
と一応転院を提案した。
にも関わらず通ってくれている。
2時間かけて!

やはり地元へ帰るとホッとするらしい。

高齢者の引っ越しは大変だ。
鬱になる人も少なくない。

快適領域の変化に耐えられないのだ。

「住めば都、エエとこでしょ?」
「悪いヤツはいない。
でもブッてやがんだよね」
「たしかに洒落た人多そうよね。
息子さん、それが欲しかったんでしょ?」

加山さんは苦笑いするしかなかった。

とにかく魚は美味いそうだ。
「それそれ、加点方式よ!」
考え方次第だ。
良い所を見るか悪い所を探すか。
アラ探しをする姿勢は減点方式だ。
帰ってくる可能性があるならいい。
もう家も買ってしまったのだ。
終の住処になるのだ。

アラ探しの余生は寂しすぎる。

「2か月に一回ウチに来たらエエですよ」
これからも加山さんは隔月で帰省する。
下町という田舎ができた。
という加点方式も悪くない。