打ち上げ花火


田村さんは(90歳男性)は認知症だ。
毎回息子の付添で外来受診する。

社交的なので、ハキハキ答える姿に
誰も認知症とは思わない。
よく聴くと、辻褄が合わないことや
同じ話が多いことに気づく。

最近はもっぱら「龍勢」の話だ。
龍勢とは毎年10月に、秩父市の
お祭りで打ち上げられる花火だ。
田村さんは毎年楽しみにしている。

龍勢の起源は鎌倉時代に遡る。
元寇対策だったとか。
水際作戦だったのか?

「今年も楽しみです!」
田村さんはお祭りのその日、
子供に還るのだろう。

認知症のお陰(?)で新コロの
ことなんて、全然気にしていない。
龍勢が打ち上がるその日を待ちわびる。
楽しい思い出にだけ集中できる!
認知症って素晴らしい!

毎年楽しみにしていると言ったって
90回しか観ていない。
元寇から毎年続いていたって
たかだか800回かそこらだ。
すべて一瞬の打ち上げ花火なのだ。