憲法記念日

憲法とは権力者をしばるために存在する。

要するに、国民が権力に向けて出した

指示書のようなものだ。

日本の平和が憲法だけで守られてきた。
そんなメルヘンを語るつもりはない。
けれど、憲法が権力乱用の歯止めには

多少なったかもしれない。

基本的に、権力者は憲法を変えたい。
だから自民党が改憲を党是としている

ことは至極当たり前なのだ。

さまざまな意見があっていい。
しかし、賛否を表明する人たち。
憲法の本質をわかっているのかな?
(憲法の本質自体を変えて、新しい何か

を作るなら、それは違う議論だ)

憲法には義務規定があるではないか!
その通りだ。
国民の三大義務が存在している。
教育を受けさせる義務(26条2項)
納税の義務(30条)
この二つは同時に国民の権利を守る
ためのものだからやむを得ない。
「勤労の義務(27条)」がよくわからない。
この義務のせいだ。
権力をしばるという本質を忘れてしまう。
ただ、本質的に国民には憲法を遵守する
義務はない。
お陰で、ニートは罰せられない。
天皇と公務員だけに憲法を遵守する

義務があるのだ。

憲法があれば戦争は起こらない。
それはメルヘンに過ぎない。
これまでも実際、巻き込まれてきた。
国家および為政者は暴走しない。
それもまたメルヘンだ。
これまでも理屈をこねて、違憲としか
理解できない解釈をしてきた。

個人的には胡散臭いと思っている。
為政者の側が言い出しっぺになるのは!
もちろん色んな意見があっていい。
ただ、前提が一致しないと議論はできない。
自分たちの権利の根拠が変わる。
その可能性があるのだ。
自分の頭で考えるしかない問題だ。