不倫と贖罪

「母ちゃんには内緒だよ」

ご本人は忘れているのだろう。

以前、若気の至りを告白したことを。
40年も前の話。
遊んでしまった。
そしてもらってしまった。
膿が出て汚れた。

「そんなことあったんですか!」
水川さんは冒頭の言葉を発した。

水川さん(70歳)は腹部エコーをした。
前立腺が石灰化していた。
病的でもなく、無視できるレベルだ。
結果を説明する。
イタズラ心が働いた。

「心配はいらないんですよ。
これからどうなるわけでもない。でも…
何でこうなったんだろう。心当たりは?」
「えっ?」
「病気もらったりとか。なかった?」
前に聞いているのにトボケた。
もっかい話させたかったからだ。

「昔遊んだことがあるんだよ」
「いつの話?結婚後?」
「そう。だけど40年も前だよ」
「志乃さん(妻)は知らんのでしょ?」
「相手は同級生なんだよ」
「!(絶句)」
「焼けぼっくいってヤツだよ」
「その相手からもらっちゃった?」
「しばらく付き合ってたんだよ。
そしたらうつされたから。しかも、
当時は一本一万円する注射を
一週間打たれたんだぜ。もう参ったよ」
「まあ、背に腹は代えられへんもんね」
「相手もいたからさ、マズいしね」
親指を立てて水川さんはそう言った。
「W不倫?」
衝撃の事実が続出した。
「母ちゃんに内緒だよ」

まさかこのフレーズを再び聴くとは…

10歳年下の奥さんは働き者だ。
性格も明るく、芯が強い。
3度の大病(難病)を乗り越えた。
水川さんはいつも奥さんを労っている。
妻の病気が発覚したとき外来で泣いた。
快復したときも感謝の気持ちで涙した。

贖罪の念は人を優しくするのかも。
とすれば少々の不良も許される…
はずはない。