ホメられたい人?


「オイラ、ホメられたいんだよね」
ビートたけしが言っていたらしい。
あれほど大物になってもまだ、
ホメられたいのか…

「ホメられたもんじゃない」
最近そういう言い方を耳にしない。
この場合の「ホメる」の主語は
「世間」とか「社会」だろう。
「恥の文化」として、世間の目が強かった。

アメリカは金持ちがホメられる国だ。
だからトランプが大統領になれる。
違法スレスレであっても、金持ちは
成功者として認められる。

プロテスタントの国アメリカでは、
「勤勉に貯蓄」は美徳だからだ。
「清貧」や「武士は食わねど」が
ホメられる日本とは真逆の価値観だ。


金持ちは、決して「ホメられる」
ような記号ではない。
しかし、引け目を感じる必要はない。
カネを稼いでどんどん納税すればいい。

不安解消のために貯め込み、流れを
停滞させる金持ちが迷惑なだけだ。
稼いで社会に還元することだ。
そういう人はホメてあげたい。

というようなブログを今朝書いた。

読み返したが面白くない。
で、投稿保留にしていた。

午前中の往診で田岡さん(94歳)に
「先生は良い耳してるねえ。
カネが貯まる耳よ」

とホメられた。

「でしょ~でも鼻の穴が見えるので
カネが漏れていくらしいです」

入って出て幸せだね、と皆で笑った。

4人目の往診先で患者さんの妻から
「先生は良い耳してるねえ。
人の話をよく聴く耳よ」

とホメられた。

「でしょ~でも鼻の穴が見えるので
聴いた話が漏れていくらしいです」

ダメじゃない、と皆で笑った。

同行の師長が驚いていた。
二人に耳をホメられる日はまずない。
それほど印象的な耳でもないはず。
やはり朝「ホメる」をテーマに書こうと
したからだろう。

「求めよ、さらば与えられん」
というお話でした。