ビッグマネー

小久保さん(故人)は熱狂的な
ヤクルトスワローズファンだった。

末っ子もファンクラブの会員だった。
なんと始球式の権利を獲得した。

球場で投げた後インタビュー。

「どの選手を応援していますか?」
という質問に対し、
「中日ドラゴンズの川上憲伸選手」

と答え、球場中がズッコケた…

当時小学生だった子が今は大学生。
お父さんの看取りの場での再会。

死と成長、諸行無常だ…

不思議と野球づいている。
東京ドームの招待券をもらった。

娘と観に行った。

10年ぶりの野球観戦。
最後は92歳の患者さんの付添だった。

試合の記憶はほとんどない。

野球を観なくなって久しい。
一抹の不安と若干の期待。
伝統の ”巨人ー阪神戦” だ。

「さすがプロの技」も所々に散見。

しかし、90分が限界だった…

4回の攻防が終わり、帰路へ。

サッカーやボクシングと違い、
野球はいつ終わるか読めない。
今の自分の人生時間の過ごし方に、

野球観戦は合わないと知った。

球団のファンが観に行く競技だ。

ファンでなければ少ししんどい。

宗教洗脳に近いものを感じた。
強要に近い応援のプレッシャー。
頻脈のような音楽の数々。

子連れには恐怖を覚える酒の消費量。

(そういえばビールの消費量はよく

東京ドーム何杯分とたとえられる…)

たしかに宗教儀式に酒は不可欠だ。
連日4~5万人がお祭り騒ぎ。
決して安くない飲み物と食べ物。

周辺の施設も賑わっている。

日本は本当に不景気なのか?

チアのスクールもあるらしい。
次世代の教育もぬかりない。

何度も子どもが画面に映っていた。
しっかり質問の答えていた。
優等生のような答えだ。

ジャイアンツとスワローズの差か?

ファンに袋叩きにされるかも…