コロナと食中毒


ジャマイカを旅したときのこと。
ジャマイカ人の歯の白さに驚いた。
聞くとジャマイカの医療は悲惨らしい。
だから歯の手入れを欠かさないそうだ。

自己管理できているか否か?

歯で健康状態が一目瞭然だ、とのこと。
だから歯の汚い人には近づかないそうだ。

内科医として臨床をしていると
心当たりは確かにある。
生活や健康状態と歯は相関している。

コロナで日本の死者数の少なさが
注目されている。

しかし、これは東アジア~東南アジア
全般に言える傾向だ。

先日ベトナムで初の死者が出た。
タイは58人、ミャンマー6人、
ラオスとカンボジアはいまだ0人だ。
中国の死者は4641人いるが、
人口が日本の10倍だから、むしろ少ない。

実は日本は最も失敗している部類だ

やはりアジア人は免疫を持っている
可能性があるのか?

しかし、別の仮説を立ててみた。
このウイルス感染の特徴は唾液で
接触感染することだ。
いわば「食中毒」に似ている。

では東南アジアはヤバいのでは?

それはもはや偏見かもしれない。
旅したことがある人はわかるが、
近年東南アジアの成長には
眼を見張るものがある。
衛生状態も格段に上がっている!

観光で外貨を稼ぐためにも
風評被害はまずい。
健康上、経済上身を守るための
「キモ」を押さえているのでは?


日本の若者はもはや欧米化している。
地ベタに座るし、素手で食べる。
実際、年々食中毒が増えている。
最近、発熱患者の中で胃腸炎が多い。


コロナと鑑別しないといけない。
暑さの中で防護衣はキツイ。

「かつて日本は清潔な国だった」
そんな風にならなければ良いが・・・