転職のススメ

寿司 に対する画像結果

林さんは夫と鮨屋を営んでいた。
3年前に夫が死去し、店を閉めた。
林さんの落ち込みは激しく、
外来で涙することも多々あった。

自宅兼店舗に住んでいた林さん。
古い家での一人暮らしは不便だ。
子どもたちの提案で引っ越した。
診療所のそばのマンションへ。
勝手が違うので、戸惑った。

薬を紛失することも多くなった。
あきらかに認知症が始まった。
何度も診療所に来る。
ちょっと前に来たことを忘れる。
診療所で薬を飲ませることに。

事務員が独断で行った配慮だ。
必然的に会話も増える。
すると林さんに笑顔が増えた。
すっかり元気になった林さん。
昨日の外来での会話だ。

「快適?」
「ええ、みんな親切ですよ。
前の家もようやく売れたみたい」
「よかったじゃない!」
「宿泊施設になってたわよ」
「外国人多いしイイじゃん」
「今度泊まってやろうかなって」
「オモロイやん!」
「近所から言われるのよ。
今度は何始めたの?って。
だから、宿泊所始めたのよ、
今度泊まりに来なって」


もともとこういう人だ。
84歳。
簡単にはくたばらない。