号泣セラピー


早い話が
雰囲気はめちゃくちゃ大切だ
ということだ。

娘に注射を打とうとした。
インフルエンザの予防接種だ。

「イヤだ」

4歳児の自然な反応だ。
泣くまではいかないが、抵抗する。
身体をよじらせ、逃げようとする。

それを見ていた1歳の弟が号泣。
精一杯の援護射撃なのかもしれない。
「泣く」という手段しか使えない。

姉の「イヤ」が伝播したのだろう。
まだ姉に「痛み」は発生していない。

号泣をBGMに任務を遂行する
冷徹さが誇らしい。

本題に戻る。
雰囲気は大切だ、という話だ。
乱すヤツがいたってかまわない。
下手なヤツがいたってかまわない。

ただし、「雰囲気」への美意識は
一致していた方が良さそうだ。
そこが異なると割としんどい。
よほど体力がないと疲弊する。

幼稚園や小学校はかまわない。
ある意味それを学ぶ「場」だ。
色んな人がいて、その中で
どう立ち居振る舞うか?

病院などの高齢者がいる所では
雰囲気作りは絶対に重要だ。

言語化が難しい部分だと思う。

茶道や武道などの伝統の中に
ヒントがあると考えている。
理由は色々あるが、今回は
触れないでおく。

何千年、何百年のスパンで
生き残ってきたものは侮れない。


医学の持つ「効く」雰囲気。
ヒポクラテスに始まる2000年の
伝統に負うところが大きい。

どの世界も新規参入は容易ではない。
「号泣」という手法しか使えないと
救済することもできない。