それ、迷惑ですよ

早い話が
世界は誰かの仕事でできている
ということだ。

田島さん(74歳、女性)はホテルの

メイドをしている。

ブラック(?)ホテルのようだ。

あきらかに「こき使われて」いる。

先日は、台風の影響で田島さんしか
仕事に来れなかった。
「大江戸線は走ってたのよ」 

なんと一人で3棟のホテル20部屋を 

“made” したそうだ。

田島さんの仕事を知ってから、
ホテルでの過ごし方が変わった。

掃除する田島さんの姿を

思い浮かべるようになった。

ベッドを元の状態に戻して退室する。

誇らしげに田中さんにそう伝えた。

「それ一番迷惑なのよねえ」

どうせ回収するからそのままの
方がいい、らしい…
むしろ手間になるそうだ。
聞いておいてよかった。

これから気をつけよう。

田島さんの見た目は年齢より若い。
仕事で身体を動かしてきたお陰
かもしれない。
生活習慣病も落ち着いている。

いわば、労働の「副作用」だ。

膝や腰は、やはり痛い…
「74年間働きっぱなしでしょ?」
「息子に言われたの。

身体ボロボロじゃんって」

じゃあ、お前が全部面倒みろ!

と言いたい気持ちをグッと堪えた。

子供が、親に対して「他人事」
のような物言いをする。
決して少なくない。

正直、気持ちの良い話ではない。

高齢者の労働は増え続けるだろう。

「快適」の背後にいる高齢者たち。

「ちゃんと見てくれてますよ。

ええ席用意してくれてるはず」

天を指差してそう伝えるのが
精一杯だった。
田島さんは笑ってくれた。

誰も教えてくれない「痛み」の秘密

「ほら、全部そろってるでしょ?」
野沢さん(53歳、男性)は両手を見せながら
誇らしげに、そう言った…

話のきっかけはこうだ。
聴診をしながら、好奇心が湧いた。
「いくら位かかるの?」
「高級車一台分ですね」
「やっぱりそれ位するんや…」

肉体と金銭両方の痛みに耐えないといけない。
業界用語で「がまん」と言われる
所以(ゆえん)だ。

野沢さんは業界は業界でも理容業界だ。
冒頭の言葉で証明してくれた。

幼少時から大のお祭り好き。
諸先輩方はみな憧れの対象だ。
見習って墨を入れるのは普通のことらしい。
つまり、「伝統文化」なのだ。

会の代表が彫師だった「縁」もある。

「ヤーさんと違って、おカネがないから
長期間かけて徐々に完成させるんです」

10年以上彫り続けている。
まだ完成途上らしい…
分割きくんだ…

乳首の上か下かで関東と関西が違うそうだ。
乳首はいわば「尾張名古屋」か!?

入れ墨も奥が深いようだ。

ちなみに野沢さんの本職は大繁盛。
この不景気でも行列ができる床屋さんだ。

「秘訣」を内緒で教えてもらった。
「なるほど!」思わず唸る「秘訣」だった。

ここでも固定観念が覆された。

企業秘密なので公開はできない。

お祭りでも何でも本気で夢中になる。
その能力がある人は多芸に通じる。

それだけは固定観念どおりだった。

オ・ト・ナ♡

早い話が
少年のような大人という言葉は
本当の大人に使う表現だ
ということだ。

『12ヶ月の未来図』という映画を観た。

フランスの小学校の学級崩壊に驚いた。

ドイツでも状況は変わらないようだ。
ドイツでベストセラーになっている
『Deutschland verdummt』

からの引用だ。

子供の精神発達が遅れているそうだ。

ドイツでは、1990年代の中頃から
大人が子供たちを自分たちと

同一視し、「小さな大人」にした。

それが原因だと著者は考察する。

大人が幼稚化している。

先進国に共通する現象なのか?

子供は大人をどう見ているか?
煙草を止めさせられる。
子供と同じファッションを喜ぶ。

本も新聞も読まずにスマホに夢中。

「少年のような」と「幼稚」は

まるっきり別モノだ!

子供の目に年齢と乗車賃以外に

線引きは存在するのか?

「大人」を自覚し、行動する…

書いていて面倒くさくなってきた。
やっぱり、大人は煙草を吸うべきだ!