コロナと食中毒


ジャマイカを旅したときのこと。
ジャマイカ人の歯の白さに驚いた。
聞くとジャマイカの医療は悲惨らしい。
だから歯の手入れを欠かさないそうだ。

自己管理できているか否か?

歯で健康状態が一目瞭然だ、とのこと。
だから歯の汚い人には近づかないそうだ。

内科医として臨床をしていると
心当たりは確かにある。
生活や健康状態と歯は相関している。

コロナで日本の死者数の少なさが
注目されている。

しかし、これは東アジア~東南アジア
全般に言える傾向だ。

先日ベトナムで初の死者が出た。
タイは58人、ミャンマー6人、
ラオスとカンボジアはいまだ0人だ。
中国の死者は4641人いるが、
人口が日本の10倍だから、むしろ少ない。

実は日本は最も失敗している部類だ

やはりアジア人は免疫を持っている
可能性があるのか?

しかし、別の仮説を立ててみた。
このウイルス感染の特徴は唾液で
接触感染することだ。
いわば「食中毒」に似ている。

では東南アジアはヤバいのでは?

それはもはや偏見かもしれない。
旅したことがある人はわかるが、
近年東南アジアの成長には
眼を見張るものがある。
衛生状態も格段に上がっている!

観光で外貨を稼ぐためにも
風評被害はまずい。
健康上、経済上身を守るための
「キモ」を押さえているのでは?


日本の若者はもはや欧米化している。
地ベタに座るし、素手で食べる。
実際、年々食中毒が増えている。
最近、発熱患者の中で胃腸炎が多い。


コロナと鑑別しないといけない。
暑さの中で防護衣はキツイ。

「かつて日本は清潔な国だった」
そんな風にならなければ良いが・・・

首が痛いひと手を挙げて!


最近首の不調を訴える人が多い。
40~50代の比較的若い人だ。

症状も似ている。
みな肩甲骨内側を押さえている。
手も挙がるから五十肩ではない。

梅雨が長かったせいもあるかもしれない。
ジムにも行かないし、テレワークも多い。
首痛を訴える人はほぼ全員運動不足だ。

しかし、運動不足で首だけが痛くなるか?

「スマホ」が犯人ではないだろうか?
コロナ関連の情報収集もあるだろう。
スマホの利用時間がみな増えている。

米巨大ITは軒並み好決算だそうだ。
コロナ禍で儲けてる人は絶対にいる。
もっと儲けたいと思ったとき、
どのような情報を流すだろう?

話は変わるが、東洋経済オンラインが
月間PV3億回を超えたらしい。

寄稿したことがある著者としては
喜ばしい反面複雑な心境だ。

首が痛い読者でもあるからだ。

気分が大事!


人になにかを教えるのは難しい。
一度でできるはずがない。
ときに何度も何度も同じ話を
しないといけない。

「聴く」
「わかる」
「できる」


理解には階層性があるが、
最近、みな「聴く」でつまづいている
ということに気づいた。


脳は知っていることしか学べないし、
知らないことは学べないからだ。
脳の「手抜きシステム」ゆえだ。

だから、知っていることを一時的に
忘れなければ、新しいことは学べない。


要するに、偏見が邪魔をするのだ。
偏見が物事を聴けなくする。

そして、今学ぼうとしていること以外の
すべてを忘れる能力のことを集中力と呼ぶ。


つまり、学びの極意は「忘却力」に尽きる。
自分自身、常に心がけている。
特に人と接するとき。
すべてダイナミックに変化をしている・・・
一期一会・・・

気分が大事や!
ということ。