自然治癒も他力


マルハナバチが噛むことで
開花が促される。


『サイエンス』で発表された。
繁殖期と開花時期は様々な要因で
ズレることがある。
噛むことでズレを補正するらしい。
人の手だと開花しないそうだ。

蜂は自ら働きかけて、開花に
影響を与えているという発見だ。
自然の摂理はスゴイ!
となるのだが少々ツッコミたい。

人って誰?
誰の手やねん?


「個体維持」の本能と「結果ありき」
の動機では「根性」が違う。
自ずと結果にも影響が出るはずだ。

医療でも同じことが言える。
「誰」が「誰」に医療をしているのか?
どのような思いで?

それは治癒率に当然影響するだろう。
自力だけでは自然治癒さえ不可能だ。

新コロで言えば、コミュニティ毎に
感染率や致死率が違う。
人それぞれ、優先順位も違う。
コロナにかからない、コロナを治す
ことだけを考えている人は皆無だ。

昨日東京新聞から取材を受けた。
第二波にどう備えるか?
経済活動の自粛は必要なのか?
を問われた。

色んな意味で「仕分け」が大切だ
と話した。

集積した情報を活用するしかない。

と書きながらニュースが目に入った。
専門家会議の議事録がないらしい。
ホンマに!?
唖然・・・呆然・・・

バクチって悪いの?


お年玉の羽振りが良いオッチャンがいた。
子どもの目にはカッコよく映った。
「あのオッチャン何してはる人なん?」
父は答えた。
「さすらいのギャンブラーや」

さすらいのギャンブラーは
別件で現在も収監中だ。

バクチはやらない。
非合法はもちろん合法も。
理由は「ヒマがないから」だ。
ヒマな人には多少許してあげては?

検事長の賭けマージャン?
どうでもいい。
バレたから運が悪かったね。
だけの話でしょ。
イキって怒る内容ではない。

市議がコロナ療養中にパチンコ?
人間らしいから許す!
「視察のつもりだった」
という言い訳が特に素晴らしい。

カジノをやりたくて仕方ない知事が
営業を止めないパチンコ店を晒した。

そういう矛盾は好きではない。
カジノの目的は「カネ」だけだ。
リゾートという誤魔化しも好かん。


これらは自分の「了見」だ。
批判や誹謗中傷も承知の上だ。
多分幼少時のトラウマもある。
だから仕方ないと許したげて。

ところで、カジノには反対である。
理由?
子どもに説明できないから、だ。
それも自分の「了見」だ。

健康長寿の秘訣


須川さん夫婦は健康長寿の典型だ。
夫95歳はうちの患者さん。
元警官で矍鑠(かくしゃく)としている。
この年齢には見えない。

妻はたまに路上で挨拶をする程度。
年の離れた夫婦だと思っていたが、
本日来院し年齢が判明した。
90歳だった!
当院への転院希望で来院した。

意外と薬をたくさん飲んでいた。
大した薬ではない。
最近それも健康の秘訣だと感じている。
「安心」という効果は計り知れない。

15歳若く見える秘訣は誰でも知りたい。

「なに食べてるんですか?」
「粗食ですよ」


やはり!
粗食が良いのか!

具体的にどういうものを
食べているか詳しく聴いてみた。

「好物は?」
「お寿司が大好きなんです」
「・・・」
「あとウナギも」


どこが粗食やねん!

よく聴くと家では妻が料理をする。
それは粗食なのだそうだ。

かなりの頻度で外食をし、
良いモノを食っているようだ。
家で粗食をすることで
何らかの帳尻を合わせる。

やっぱり「安心」効果はデカいようだ。