祝!小泉&滝川

小泉進次郎はなぜ国会議員になれたのか?
2世、3世議員候補の人口比率は4万人に1人。
つまり、0.0025%に過ぎない。
世襲議員の割合は25%を超える。
世襲議員は一般人と比して、1万倍以上当選しやすいわけだ。
(ちなみに過去10人の内閣総理大臣のうち、8人が世襲議員)
話題の小泉進次郎は4世議員だ。
彼が国会議員になれた確率は?
「なりたい」とさえ思えばなれる、とは言い過ぎか。
一般の家庭で、子供が国会議員になるという会話は普通出てこない。
「なりかた」が皆目想像つかないからだ。
政治は別世界なのだ。
しかし国会議員といえでも公務員。
あくまで「公僕」に過ぎない。
彼らの給料を払っているのは国民だ。
それだけは忘れてはいけない。
生まれながらの「偉い先生」ではない。
滅私で世のために働くから偉いのだ。
公僕が有名人と入籍しただけの話だ。
首相官邸で会見していた進次郎。
進次郎は内閣総理大臣になれるのか?
潜在的確率は間違いなく高い。
有名人と結婚したことで選挙で落選する確率はさらに低くなった。
日本では有名であることは選挙で極めて有利に働く。
首相になれるかどうかは党内の力関係次第だ。
原爆を吹き飛ばす話題性が魅力であることは間違いない。
広島の原爆で7万人が即死した。
長崎の原爆で4万人が即死した。
数日間は静かに過ごしたっていい。
戦争の悲劇を高齢者から聴くのもいい。
毎年喪に服したっていいではないか。
婚約を祝う気持ちがあるのならば。
どちらも冠婚葬祭の話なんだから。

名誉ある孤立者

「求めよ、さらば与えられん」
『マタイによる福音書』第7章7節

自分が価値あり、と期待したものが

勝手に「情報」として入ってくる。

聖書の言葉をそう解釈している。

妻が妊娠すると街に妊婦が増える。
BMWが欲しいと毎日BMWを目撃する。

つまり、期待した情報を手に入る。

逆に言えば「期待」が現状を作るだ。

「現状が不満」はあり得るのか?
もしも現状が不満であるならば、
期待の優先順位を誤った可能性大だ。 

多分イヤなことをやっていたのだろう。
正確には、やらされていたのだろう。
常識を常識として生きてきたのだろう。

「常識とは18歳までに身につけた
偏見のコレクションのことをいう」

アインシュタインの言葉だ。

常識を偏見と言い切るすごさ!

「常識を疑え!」
使い古された言葉だ。

しかし実践できている人は少ない。

現状が不満ならば、本気で自分の

常識(偏見)を見直すべきだ。

糖尿病になるのは意志が弱いからか?
少子化は本当にいけないのか?

隣国は政府の見解通り非常識なのか?

「天邪鬼」と言われるかもしれない。
天邪鬼こそが生き残る時代!
確信している。

ダイエット中毒

外来は今日も決意表明が飛び回る。
「頑張ります!」

ちゃう、ちゃう…

頑張ったらアカンって…

フロリダ大学の有名な研究。
チョコレートを我慢したグループは、
我慢しなかったグループと比べて、

その後の難しい作業をすぐ投げ出した。

この結果から、
「自制心」は限られたリソースである
と結論している。

ダイエットが失敗するわけだ…

割と意志が強い方だと自負している。

(まずは思い込みが重要だ)

人間は苦痛を避け、快楽を求める。
だから中毒を作るのは簡単だ。
電車に乗れば一目瞭然。

10年前と景色は一変している。

新しい習慣を持続させたいとき。

「ゲーム性」を導入するのだ。
たとえば、

決めごとを守れたら500円貯金する。

禁酒日に500円貯金した金内さん。

なんと25万円貯めた!

自分を利する中毒を作れば良いのだ!

と書きつつ、つくづく思った。

大人って実に子どもだなあ…

イヤなコトは一切やらない。
好きなコトだけやる。
本来勝手にそう生きるべきなのだ。

「しがらみ」がそれを許可しないのか…

ルールを守っている自分。
それを選択しているのは他ならぬ自分だ。
それくらいは意識し続けたい。